食べる:季節のおすすめレシピ

季節のおすすめレシピ「シメジ」

食の話「食物繊維&ビタミンで免疫アップ! 」

シメジ 古くから「香りマツタケ、味シメジ」といわれているほど、うま味のあるシメジ。どんな料理にも合う食材として、料理のジャンルを問わず親しまれています。かさが茶色で大理石模様のある「ブナシメジ」が1年を通して出回っていますが、旬は秋。シメジを使った炊き込みご飯やおかずが食卓に並ぶと、やはり自然と秋を感じます。

 独特の風味や香り、そして弾力のある歯応えがその人気の理由。また、加熱してもカサが減らないのも魅力です。料理に加えるだけで料理をボリュームアップできる上、カロリーも低いので、ダイエットの強い味方です。

 さらに栄養面では、免疫力アップに効果的な食物繊維をたっぷり含んでいます。カルシウムの吸収を促すビタミンDも豊富なので、カルシウムを多く含む乳製品や豆腐などの大豆製品と一緒に取るのがおすすめです。

 人工栽培の清潔な環境で育てられているので、使う前に洗わなくても大丈夫。長く水に漬けると水分を吸い、水っぽくなって風味が落ちるので、汚れが気になる場合はふくか、表面をさっと洗う程度にしましょう。

 保存する場合は、買った包装のまま野菜室へ。ポリ袋に移す場合は密閉せず、口は折る程度にしましょう。

 ところで、こんなに身近なシメジですが、冷凍保存にも向くことは意外と知られていません。根元のかたい部分を除き、小房にほぐした状態でラップに包み、保存袋に入れて冷凍庫へ。解凍すると水気が出るので、凍ったまま加熱調理します。

 上手に保存して、ぜひ常備野菜に加えてみてください!

きのこマーボー

きのこマーボー

木綿豆腐……………………1丁(300g)
シメジ…………………1パック(100g)
エノキタケ…………………1袋(100g)
豚ひき肉(もも赤身)……………100g

A
ニンニク……………………………1片
ショウガ………………………小1かけ
ネギ………………………………3cm
油………………………………大さじ1/2
豆板じゃん……………………小さじ1弱

B
中華スープのもと…………小さじ1/2
砂糖…………………………小さじ1/2
しょうゆ………………………小さじ2
みそ……………………………小さじ1
酒………………………………大さじ1
水……………………………カップ1/2

C
かたくり粉…………………大さじ1/2
水………………………………大さじ1
ごま油……………………………小さじ1

作り方(1人分328kcal)

  1. 木綿豆腐は2cm角に切り、熱湯に通してざるにあげます。
  2. シメジは根元を落とし、小房に分けます。エノキタケも根元を落とし、半分に切ります。
  3. Aはみじん切りにします。Bは合わせます。
  4. 中華鍋に油を弱めの中火で熱し、Aをいためます。香りが出てきたら豆板じゃんとひき肉を入れていためます。肉の色が変わったら、(1)と(2)を加えて軽くいため、Bを加えて豆腐を崩さないように混ぜながら、きのこがしんなりするまで煮ます。
  5. Cを合わせて加え、とろみがついたら、仕上げにごま油を回し掛けます。

撮影:大井一範
(JA広報通信10月号から転載)

JA博多ごはんうどん
  • 郷土料理レシピ
  • アキバ博士の食農教室
  • JA博多ごはんうどん ご注文
  • JA直売所まっぷ