食べる:季節のおすすめレシピ

季節のおすすめレシピ「タマネギ」

アメとムチ!? 血液サラリ、涙ポロリ

タマネギ 料理に辛味や甘味、そしてうま味を加えてくれるタマネギ。生で良し、煮て良し、焼いて良し、どんな料理とも相性の良い、野菜の万能選手です。ダイコンのように地中に埋もれているので、「根」と思われがちですが、実は肉厚になった葉が茎のまわりに重なり合った状態。つまり「葉」の一部ということになります。

 タマネギに含まれる「硫化アリル」は血液をサラサラにし、動脈硬化や高血圧を予防するといわれています。さらに、ビタミンB1の吸収を高める働きがあるので、豚肉やチーズなど、ビタミンB1を多く含む食材と一緒に食べれば、疲労回復&スタミナアップに効果的です。

 ただ、この硫化アリル、空気に触れると催涙性の物質が発生します。これが、「タマネギを切ると涙が出る」原因。切れ味の悪い包丁を使うと、タマネギの細胞がつぶれて、この物質がさらに発生しやすくなるので、よく切れる包丁を使うのがコツです。

 サラダなどで、タマネギ独特のシャキシャキとした食感を残したい場合は、繊維に沿って切りましょう。反対に煮込み料理など、やわらかく仕上げたい場合は、繊維に対して直角に切って繊維を断ち切ります。辛味は水にさらすと和らぎます。

 貯蔵に向くので、通年売られていますが、やわらかくて辛味の少ない新タマネギは、春先にだけ楽しめる、まさに「旬の味」。また、紫タマネギもみずみずしく、辛味や香りもマイルドなので、生食に向きます。ただし、この2つは水分が多く傷みやすいので、保存する際は冷蔵庫の野菜室に入れ、早めに使い切りましょう。

参考文献  
『旬の食材 秋・冬の野菜』(講談社)
『ベターホームの野菜料理』(ベターホーム出版局)
『からだにおいしい野菜の便利帳』(高橋書店)

タマネギのチーズ蒸し

タマネギのチーズ蒸し

タマネギ ……… 大1個(300g)
……… 小さじ1/8
こしょう ……… 少々
バター ……… 10g
カマンベールチーズ ……… 1/2個(50g)
黒こしょう(粗びき) ……… 少々

作り方(1人分167kcal)

  1. タマネギは皮をむいて、根を切り落とし、4つの輪切りにします。
  2. 皿に(1)を形を崩さないように並べます。塩、こしょうとバターをそれぞれのタマネギの上に載せ、ラップを掛けて電子レンジ(500W)で5~6分加熱します(やわらかめにした方が、甘味があっておいしい)。
  3. チーズは4つに切り、(2)に載せて、電子レンジで30秒~1分、少しチーズが溶けるまで加熱します。仕上げに黒こしょうを振ります。
    ※チーズはカマンベールのほか、お好みのチーズでどうぞ。

撮影:大井一範
(JA広報通信3月号から転載)

JA博多ごはんうどん
  • 郷土料理レシピ
  • アキバ博士の食農教室
  • JA博多ごはんうどん ご注文
  • JA直売所まっぷ