食べる:季節のおすすめレシピ

季節のおすすめレシピ「シイタケ」

食物繊維が豊富で低カロリー。美容と健康にも効果的

シイタケシイタケは、もともとはシイ(椎)、カシ(樫)、クヌギ、コナラなどの広葉樹の枯れ木に発生するきのこです。きのこといえば秋のイメージですが、現在天然物はほとんど出回らず、市販されている大部分は栽培物。そのため、一年中ほぼ安定して売られています。うま味成分のグアニル酸を含み、独特の風味があるので、肉厚の新鮮なものはそのまま焼いて、しょうゆを数滴たらすだけでおいしく食べられます。またかさの黒い色や形が見た目のアクセントになったり、切り方によっていろいろな歯応えが楽しめるので、和洋中のさまざまな料理に使われます。

 また、きのこは代表的な低カロリー食材で、シイタケの100g当たりのカロリーは、たった18kcal。食物繊維も多く、美容や健康にもうれしい食材です。さらにビタミンDを多く含み、カルシウムの吸収を助け、骨粗しょう症の予防にも役立ちます。 選び方のポイントは、かさが肉厚で開き過ぎず、軸の太いものが味が良いといわれています。かさの裏が黄色や黒っぽく変色しているものは鮮度が落ちているので、ひだが白く、はっきりしているものを選びましょう。

 洗うと水分を吸いやすく水っぽくなるので、使うときは、上から軽くたたいてひだの間の汚れを落とし、後は布巾などでさっと汚れを拭き取ります。洗う場合は、流水で手早く洗い、すぐに水気を拭き取ります。 保存は、水が付くと傷みやすくなるのでぬらさずに冷蔵庫の野菜室へ。ポリ袋に入れる場合は密閉すると水滴が付くので、口は締めずにおきましょう。生のまま冷凍もできますが、解凍すると水っぽくなるので使うときは凍ったまま加熱調理します。薄切りなど使いやすい形に切ってから冷凍すると、そのまま使えて便利です。


シイタケの肉詰め

シイタケの肉詰め

シイタケ(大きめのもの) ……… 6個
かたくり粉 ……… 小さじ1
サラダ油 ……… 大さじ1
レモン ……… 適量
肉あん 鶏ひき肉 ……… 100g
ネギ(みじん切り) ……… 4cm
みそ ……… 大さじ1/2
……… 小さじ1
かたくり粉 ……… 小さじ1

作り方(1人分184kcal)

  1. シイタケは軸を外します。石突きを除き、軸をみじん切りにします。
  2. 肉あんの材料とシイタケの軸のみじん切りを混ぜ、6等分にします。
  3. シイタケのかさの裏側に、かたくり粉を振ります。肉あんを載せます。
  4. 大きめのフライパンに油を強火で熱し、(3)を肉側を下にして焼きます。薄く焼き色が付いたら、弱めの中火にし、ふたをして3~4分蒸し焼きにします。裏返してさらに約3分焼きます。
  5. 器に盛り、レモンを添えます。

撮影:大井一範
(JA広報通信8月号から転載)

JA博多ごはんうどん
  • 郷土料理レシピ
  • アキバ博士の食農教室
  • JA博多ごはんうどん ご注文
  • JA直売所まっぷ