食べる:季節のおすすめレシピ

季節のおすすめレシピ「アスパラガス」

新陳代謝・美肌効果のあるアスパラギン酸が豊富!

アスパラガス 春の味覚、アスパラガス。ヨーロッパでは、古代ローマ時代から食べられていたそうですが、日本にやって来たのは江戸時代。ユニークな形が当時は観賞用で、食用の野菜として栽培されるようになったのは大正時代、一般に広く売られるようになったのは、流通が発達した1970年代以降と、比較的歴史の浅い野菜です。最近はハウス栽培や輸入で一年中出回っていますが、旬は春から初夏にかけて。南の九州産から北の北海道産まで順に露地物が出回ります。

 アスパラガスは、ニョキニョキっと伸び始めた若い茎を刈り取って食べるので、まさに季節の生命力そのもの。その分鮮度も落ちやすいので、新鮮なものを買ってできるだけ早く食べるようにしましょう。選ぶときのポイントは、切り口がみずみずしく、穂先が堅く締まっているものが新鮮。穂先が紫色がかっているのは、アントシアニンによるもので鮮度とは関係ありません。

 使うときは、切り口の堅い部分を切り落とし、根元の堅い皮は皮むき器などでむいて使います。鮮度の良いアスパラガスは、柔らかく甘味があり、さっとゆでるだけでも美味。サラダやあえ物にしたり、炒め物に。太めのものは、グリルで焼くと甘味がギュッと凝縮されるのでお勧めです。保存はポリ袋に入れ、穂先を上にして立てた状態で冷蔵庫の野菜室へ。鮮度が落ちやすいので、すぐに食べない場合はゆでてから冷蔵、または冷凍した方がおいしさを保てます。

 アスパラガスは栄養価も高く、緑黄色野菜の一種。うま味のもとになるアスパラギン酸を多く含み、新陳代謝を活発にするので、疲労回復や美肌効果が期待できます。

アスパラガスの肉巻きグリル

アスパラガスの肉巻きグリル

グリーンアスパラガス(太めのもの)……… 6本
豚ばら肉(薄切り) ……… 6枚
塩・こしょう ……… 各少々
ミニトマト ……… 4個
スイートチリソース※ ……… 大さじ2

 ※スイートチリソースは、タイの唐辛子入りの甘酸っぱいソース。ケチャップやマヨネーズでも。

作り方(1人分274kcal)

  1. アスパラガスは、根元の堅い皮をむきます。
  2. 豚肉を広げて、塩、こしょうを振ります。アスパラ1本に肉を1枚ずつ、斜めに巻き付けます。
  3. (2)を強火のグリルで約10分、途中上下を返しながら様子を見ながら焼きます。
  4. 皿に盛り、ミニトマトを添えます。チリソースを付けて食べます。

撮影:中里一曉
(JA広報通信4月号から転載)

JA博多ごはんうどん
  • 郷土料理レシピ
  • アキバ博士の食農教室
  • JA博多ごはんうどん ご注文
  • JA直売所まっぷ