食べる:JAソムリエ通信

JAソムリエ通信

いちご

イチゴを食べて、美肌に欠かせないビタミンCを手軽に補給しましょう!

いちご

「あまおうボウル」

いちご

 ハワイの朝食で食べられているアサイーボウルのイチゴ版。ピンク色がキレイな春ごはん。『あまおうボウル』。朝ごはんはもちろん、休日のブランチ、スイーツにもオススメです。甘味はお好みの量を調整ください!

いちご(あまおう)(A) ……… 200g
ヨーグルト(A) ……… 100g
ハチミツ(A) ……… 大さじ2
あまおう、その他フルーツ(トッピング) ……… 各適量
グラノーラ、ナッツ類(トッピング) ……… 各適量

<材料:2人分>

作り方
  1. (A)をミキサーにかけ、なめらかになるまで攪拌する。
  2. トッピングのあまおうは薄切りする。
  3. 器に(1)を入れ、トッピングをのせる。

レシピ:野菜ソムリエ上級プロ 久保ゆりか

イチゴについて

 福岡県はイチゴ生産量全国2位!福岡県で栽培されているブランドイチゴ「あまおう」は、「あかくて、まるくて、おおきくて、うまい」の頭文字を取って名付けられました。

イチゴの選び方

 果実は色鮮やかで表面に光沢があるもの。ヘタは緑色で、先がピンととがっているもの。

イチゴの保存方法

 冷蔵庫保存。食べる際には、ヘタをつけたまま水洗いしましょう!

【イチゴパワー】美肌づくりに!

 イチゴは何と言ってもビタミンCが豊富です!美容に欠かせないビタミンCの含有量は果物の中でもトップクラスを誇ります。大きいものなら5粒、中サイズは7~8粒程度で1日に必要なビタミンC量を摂取できます。ビタミンCは熱に弱く、加熱調理の際に失われがちですが、イチゴは生食でいただく事が多いのが魅力です。その他、血圧を正常に保つカリウム、赤血球を作り、貧血予防に役立つ葉酸も多く含んでいます。

【豆知識】

「イチゴ」のつぶつぶは?

 イチゴはバラ科の多年草。「野菜」に分類される事も多いです。イチゴは表面のつぶつぶは種、赤くてふっくらした部分が果肉と思っている人が多いですが、実際はつぶつぶが果肉で赤い部分は茎が肥大して成長した部分。「偽果」と呼ばれます。つぶつぶは、一粒一粒が「痩果(そうか)」と呼ばれる果実です。

食物繊維も豊富!

 イチゴ100gあたりの食物繊維は、1.4g。バナナ100gよりも多く含まれています。

冷凍保存可能!

 1年中楽しみたい場合は、ヘタを取って冷凍しましょう!

【カラダによく効く食べ合わせ!】

カラダによく効く食べ合わせ!

  • 郷土料理レシピ
  • アキバ博士の食農教室
  • JA博多ごはんうどん ご注文
  • JA直売所まっぷ