食べる:JAソムリエ通信

JAソムリエ通信

ニューサマーオレンジ

果肉はやわらかくて多果汁、爽やかな香りと風味は、名前の通り「初夏」の味です!

ニューサマーオレンジレシピ

つぶつぶパンナコッタ

つぶつぶパンナコッタ

ニューサマーオレンジ ……… 1/2個
牛乳 ……… 200cc
砂糖 ……… 30g
生クリーム ……… 100cc
粉ゼラチン ……… 5g
……… 大さじ3
作り方
  1. ニューサマーオレンジは外皮を剥き、熱湯で5分程茹で、水気をきって細かく刻む。果肉は飾り分を少しとっておき、残りは小さく切る。○のゼラチンを合わせておく。
  2. 鍋に牛乳、砂糖を入れて沸騰しない温度で温め、○を加えて溶かす。
  3. (1)の外皮、果肉、生クリームを加えてよく混ぜ、型に入れて冷蔵庫で冷やす。飾りの果肉を添えていただく。
甘みのある白い薄皮と果肉を一緒に食べる事で、絶妙な食感と風味を楽しめます!甘みが足りない時はハチミツをかけてもOK!

レシピ:シニア野菜ソムリエ 久保ゆりか

ニューサマーオレンジの選び方

表面に傷や変色した部分がなく、明るい黄色で光沢とハリがあるもの。手に持った時に、ずっしりと重みのあるもの。

ニューサマーオレンジの保存方法

風通しがよい冷暗所にて保存。
長期間保存の場合は、乾燥を防ぐためにポリ袋に入れて冷蔵庫で保存しましょう!

【 ニューサマーオレンジパワー】美肌に効果的!

ニューサマーオレンジは、クエン酸が豊富で、体内の酸性物質を減少させる効果や、疲労回復や血をキレイにする働きがあります。また、ジョウノウにはペクチンが多く含まれていて、整腸作用があり、便秘やお腹を壊しているときに効果があります。
食べ方は、りんごの皮をむくように果皮を薄くむき、皮の内側の白い薄皮と果肉を一緒に食べてください。白い薄皮部分の甘さと果肉の酸味がほどよく調和した品種です!

【ニューサマーオレンジの特徴】

皮の内側の白い薄皮も美味しく食べられる柑橘!
ニューサマーオレンジは温州みかんよりやや大きく、 表皮は黄色で厚さがあり、果肉は酸味があります。甘さは控えめですが、独特の風味が強いのが特徴です。
表皮は温州みかんと比べるとでこぼこが少なく、のっぺりとしています。
他の柑橘類とは違い、果実の表皮における白い皮部分(内果皮、アルベド)もそのまま食べられるので、 皮の黄色い表面(外果皮)だけを薄く剥いで食べるのがオススメです。
この白い部分はふかふかとした食感であり、苦みや渋みはありません!フワフワ(アルベド)を残して薄くむいたら、スライスしてお召し上がりください!

  • 郷土料理レシピ
  • アキバ博士の食農教室
  • JA博多ごはんうどん ご注文
  • JA直売所まっぷ