食べる:JAソムリエ通信

JAソムリエ通信

甘夏

甘夏は、甘みの中に酸味があり、さわやかな甘酸っぱさが楽しめる初夏のフルーツです!

甘夏レシピ

サーモンと甘夏のマリネ

サーモンと甘夏のマリネ

サーモン刺身 ……… 100g
甘夏 ……… 1/2個
トマト ……… 中1個
玉ねぎ、きゅうり ……… 各適量
A 甘夏果汁 ……… 大さじ1/2
……… 少々
オリーブオイル ……… 小さじ2
作り方
  1. サーモンは角切り、甘夏は皮と薄皮を剥く。トマトは角切り、玉ねぎは薄切りする。
  2. サーモン、甘夏、トマトはAと混ぜ合わせて、塩で味を調える。
  3. 玉ねぎ、千切りしたきゅうりを敷いて、その上に(2)を盛り付ける。
爽やかな酸味のある甘夏は、お料理にもぴったり!サーモンなどを使うと、ごちそうサラダになります。

レシピ:シニア野菜ソムリエ 久保ゆりか

甘夏の選び方

皮にハリがあり、表面が滑らかなもの。また持った時にずっしりと重みを感じるもの。

甘夏の保存方法

風通しがよい冷暗所で保存。長期保存は冷蔵庫ですが、乾燥を防ぐために1つずつ新聞紙で包み、ポリ袋で保存。冷蔵庫で保存すると苦みが出やすくなるので早めに食べきりましょう!

【 甘夏のパワー】美肌効果!

甘夏には、ビタミンCやクエン酸が多く含まれており、美肌効果、ストレス・疲労回復効果、風邪予防効果が期待できます。季節の変わり目で体調を崩しやすい時期にもぴったりの果物です。食物繊維のペクチンも多く含まれており、整腸作用の効果もあります。酸味成分であるクエン酸は、鉄やカルシウム等のミネラル(電解質)の吸収を高めますので、骨粗しょう症予防に効果的です。
さらに、唾液や胃液の分泌を高め、食欲を増進する働きがあり、代謝をよくして疲れを和らげる効果もあります!

【甘夏の食べ方】

外側の厚い皮は、硬くて手ではむきにくいので、ナイフや皮むき器などを使用してむきましょう!
甘夏は内袋(じょうのう)も厚く、種もありますので、取り除きましょう!
甘夏の皮はジャム、ピールなどに活用できます。

【甘夏ピールの作り方】

甘夏の皮は、綺麗に洗って筋を取り除く。白いワタはつけたままでOK!縦に5mm幅にカットし、水にさらす。
鍋にたっぷりのお湯を沸かして、水切りした皮を入れて、約20分茹でる。途中お湯を数回変えて茹でこぼす。
鍋に甘夏の皮、甘夏の重量の50%~100%の砂糖、水を加えてやわらかくなるまでコトコト煮詰める。

  • 郷土料理レシピ
  • アキバ博士の食農教室
  • JA博多ごはんうどん ご注文
  • JA直売所まっぷ