食べる:JAソムリエ通信

JAソムリエ通信

えだまめ

枝豆は野菜と豆のWパワーを持つ緑黄色野菜です!

えだまめレシピ

枝豆のペペロンチーノ

枝豆のペペロンチーノ

枝豆 ……… 200g
玉ねぎ ……… 1/2個
にんにく ……… 1片
タカノツメ輪切り ……… 1/2本分
オリーブオイル ……… 大さじ1
塩・黒胡椒 ……… 少々
作り方
  1. 枝豆は殻を剥き、玉ねぎは5mm幅に薄切り、にんにくは薄切りする。
  2. フライパンににんにくとタカノツメ、オリーブオイルを入れて火にかけ、香りが出てきたら、玉ねぎを炒める。
  3. 枝豆を加えてさっと炒め、塩、黒胡椒で味を調える。
前菜、お酒のおつまみにぴったり。にんにくは弱火でじっくり火を通すとカリカリのにんにくチップに!

レシピ:シニア野菜ソムリエ 久保ゆりか

えだまめの選び方

サヤがふっくらと緑色をしていて、しっかり実が詰まっているもの。うぶ毛がキレイに立っているもの。茶色いものは避けましょう!

えだまめの保存方法

えだまめは新鮮なうちに茹でる事が大切!
すぐに食べない場合は、乾燥しないように新聞紙に包むか袋に入れて野菜室で保存。

【 えだまめのパワー】お酒のお供に!

大豆の未熟果である“えだまめ”は、野菜と豆の両方の栄養価を持ち、栄養バランスも豊富です。えだまめのタンパク質に含まれるメチオニンはビタミンB1、ビタミンCと共にアルコールの分解を促し、肝機能を助ける働きがあります。飲み過ぎや二日酔いを抑えてくれる為、お酒のおつまみにも最適です。ビタミンB1は糖質をエネルギーに変える働きがある為、夏バテ予防や疲労回復効果にも期待が出来ます。

【えだまめの美味しい茹で方】

 えだまめを茹でる際、塩分濃度4%が最もオススメです。えだまめを水1Lで茹でる場合、40gの塩を使用します。
 この塩分が、枝豆が本来持っている甘さを引き立たせてくれる濃度です。

  1. えだまめを枝からはずす。塩を40g準備。(塩もみ分も含む)
  2. 両端のヘタをキッチンバサミで切る(味がしみ込みやすい)
  3. 茹でる前に塩10g程度をえだまめにもみ込む。※塩が豆にしみ込みやすくなり、うま味がアップ!
  4. 水1Lを沸かし、残りの塩を入れ、塩もみした枝豆を茹でる。茹で時間は3分~4分。長くても5分間茹でましょう!
  • 郷土料理レシピ
  • アキバ博士の食農教室
  • JA博多ごはんうどん ご注文
  • JA直売所まっぷ