食べる:JAソムリエ通信

JAソムリエ通信

カボス

酸っぱさが元気のモト!香りが高く、豊かな風味が広がります。

カボスレシピ

カボス生姜ジャム

カボス生姜ジャム

カボス ……… 4~5個
(約300g)
生姜 ……… 30g
きび砂糖 ……… 100g~150g
作り方
  1. カボスを横半分にカットし、皮の白い部分はある程度取り除いて細切り、果汁は絞る
  2. 鍋に皮と水を入れて、火にかけて沸騰させ、水を2回程替えながら約15分煮る。
  3. (2)、果汁と水100cc、砂糖を鍋に入れ、火にかけて、とろみがつくまで煮詰める。
甘みはお好みで調整してください。
生姜を加えると、風味、パンチがつき、風邪予防にもさらにオススメ!

レシピ:シニア野菜ソムリエ 久保ゆりか

カボスの選び方

 緑色が濃く、ツヤがあるもの。手に持って重量感があるものを選びましょう。

カボスの保存方法

 密閉できる容器の中に入れてなるべく乾燥させないようにしましょう!!
 沢山カボスがある際は、果汁を搾って密閉容器で冷蔵保存すると保存性も高く、ポン酢として活用できます!

【 カボスのパワー】疲労回復に!

 カボスの酸味成分はクエン酸で人間が生きていくのに必要なエネルギーを生み出し、疲労回復にも効果的です。
 独特の爽やかな香り成分であるリモネンを多く含み、脳内にアルファー波を発生させる働きで心身をリラックスさせてくれます。またカボスには、糖質の代謝を助けエネルギーをつくり出し疲労回復に役立つビタミンB1や細胞の新陳代謝を促進します。貧血予防に役立つビタミンである葉酸、抗酸化ビタミンであるビタミンC、ビタミンEも多く含みます。

【カボスの使い方】

◆ホットカボスドリンク
 カボス果汁大さじ1、蜂蜜少々、お湯を入れる。
 ※ハチミツは殺菌効果高く、カラダを温めてくれます。

◆カボスポン酢
 ボウルにカボス果汁10:しょう油10:酒1:みりん1の割合
 ※酒、みりんは加熱してアルコールとばしたものを使用。昆布を加えて、2~3日漬け込んだら出来上がり。

◆カボスシャーベット
 水200cc、砂糖大さじ3を加えて煮溶かし、カボスの絞り汁2個分を加える。冷凍庫に入れて途中何回かかき混ぜて氷の粒が小さくなるまで冷やし固める。

  • 郷土料理レシピ
  • アキバ博士の食農教室
  • JA博多ごはんうどん ご注文
  • JA直売所まっぷ