食べる:JAソムリエ通信

JAソムリエ通信

ハッサク

大粒でジューシーな柑橘。適度な甘みと酸味、さっぱりした味わいが人気です!

ハッサクレシピ

ハッサクとタコのマリネ

ハッサクとタコのマリネ

ハッサク ……… 1玉
タコ ……… 80g
貝割れ ……… 1/4パック
ラディッシュ ……… 1玉
オリーブスライス ……… 1ヶ
A ハッサク果汁 ……… 大さじ2
オリーブ油 ……… 大さじ1
塩・胡椒 ……… 少々
作り方
  1. ハッサクは皮を剥き、果実を取りだす。タコは食べやすい大きさに切る。
  2. Aを混ぜ合わせる。
  3. (1)、(2)を和え、器に盛り付け、貝割れを散らす。
ハッサクの薄皮をむいた際に出た果汁をマリネ液に使用しましょう!
柑橘果汁は、お酢よりもマイルドで爽やか!風味豊かに仕上がります。

レシピ:シニア野菜ソムリエ 久保ゆりか

ハッサクの選び方

 色が明るい橙黄色で、茶色い部分が無く、ヘタの部分が緑色のもの。手に持った時にずっしりと重みのあるものを選びましょう!

ハッサクの保存方法

 風通しがよい冷暗所にて保存。2~3週間は日持ちします。気温が高い場合や部屋が暖かい場合は冷蔵庫に入れましょう。

【 ハッサクのパワー 】疲労回復に!

 ハッサクは、ビタミンCを豊富に含んでおり、風邪予防にも大きな効果が期待できます。ビタミンCは100g中に40mg含むので、1個食べれば成人が1日に必要なビタミンC量を摂取できます。
 また、クエン酸を含んでいる為、体内の酸性物質を減少させる効果や、疲労回復と血をキレイにする働きがあります。
 ハッサクの苦味の成分はナリンギンという物質で、ビタミンPの一種で高血圧の予防に効果があります。

【ハッサクの食べ方】

ハッサクとタコのマリネ

 ハッサクは皮が厚く、手では少しむきにくい為、包丁で少し切り込みを入れてからむくとよいでしょう。
 じょうのう膜(薄皮)も厚いので、袋をむいて果肉を取り出して食べます。
 基本的には“生食”がオススメですが、食べきれない時は、ジャム(マーマレード)を作ってみませんか?
 ほんのり苦味が残る事もありますが、ハッサクの独特な香りと風味が楽しめます。
 手作りジャムは、パンはもちろん!ホットケーキ、ゼリー、タルトケーキ、ヨーグルトのトッピングに。

  • 郷土料理レシピ
  • アキバ博士の食農教室
  • JA博多ごはんうどん ご注文
  • JA直売所まっぷ