食べる:JAソムリエ通信

JAソムリエ通信

ビワ

キレイなオレンジ色の高級人気フルーツとして人気のビワ。初夏の美味しさ、季節の味を楽しみましょう!

ビワレシピ

ビワ杏仁豆腐:4人分

ビワ杏仁豆腐

ビワ ……… 4個
生クリーム ……… 100cc
粉ゼラチン ……… 5g
○杏仁霜 ……… 大さじ2
○牛乳 ……… 300cc
○砂糖 ……… 20g
作り方 ~ビワのコンポート作り~
  1. ビワ2個は皮をむいてピューレ、残りはコンポートを作る。
  2. 鍋に〇を加えて混ぜながら温め、60度くらいで火を止めて水大さじ2でふやかした粉ゼラチンを加えて煮溶かす。火を止めて、生クリームを加える。容器に流し入れて冷蔵庫で冷やし固める。
  3. (2)に(1)を盛り付ける。
ビワピューレは、硬さ調整で少しお水を加えたり、オレンジジュースを加えて作りましょう!コンポートはお好みで白ワインを加えて煮詰めましょう!

レシピ:シニア野菜ソムリエ 久保ゆりか

ビワの選び方

 キレイなオレンジ色をしていて、産毛がしっかりと残っているもの。表面に傷や茶色に変色した部分がないもの。

ビワの保存方法

 冷暗所にて保存。長期間保存したい場合は、シロップ煮にして瓶詰めして冷蔵保存しましょう。

【 ビワのパワー】βカロテンがトップクラス!

 ビワはβカロテン、ビタミン、鉄分などのミネラル成分が豊富です。
 風邪にかかり、咳などで苦しい時にはビワの実を生食すると良いと言われております。
 そしてビワの葉には昔から腰痛や腹痛、幹部に当てると痛みに効くとして民間療法に利用されていました。
 薬用価値が高いものとして、鎮咳、健胃など幅広く利用されています。また、ビワは、ポリフェノールを含んでおり、活性酸素を抑える働きも期待できます。

【ビワの種で杏仁豆腐!】

 杏仁とは杏(アンズ)の種のこと。
 中国のスイーツでも有名な『杏仁豆腐』は、杏仁に含まれる成分(アミグダリン)を使って香り付けをします。
 ビワもアンズに近い種類の植物で、種子にアミグダリンを含んでいます。

『杏仁豆腐』
ビワの種 ……… 4粒
作り方:4人分
  1. ビワの実から種を取り出し、茶色の皮を剥く。※白い部分にする
  2. この種をフードプロセッサー又はみじん切りして、杏仁豆腐に使用する牛乳に加えてしばらく置き、香りをうつす。
  3. その後、茶こしでこしましょう!

 ※ビワの種があれば、杏仁霜パウダーがなくても杏仁豆腐が作れます!
 是非、お試しください

  • 郷土料理レシピ
  • アキバ博士の食農教室
  • JA博多ごはんうどん ご注文
  • JA直売所まっぷ