食べる:JAソムリエ通信

JAソムリエ通信

もも

甘い香りとやわらかな果肉!
みずみずしい溢れる果汁がカラダを潤す夏のフルーツです!

ももレシピ

冷んやりもものスープ

冷んやりもものスープ

もも ……… 1個
豆乳 ……… 200㏄
……… 少々
オリーブオイル ……… 少々
ピンクペッパー ……… 適宜
作り方
  1. ももはカットして、皮を取り除く。ミキサーにもも、豆乳、塩を入れてなめらかになるまで攪拌させる。
  2. 器に入れて、オリーブオイル、ピンクペッパーを散らす。
フレッシュ『もも』を使った冷製スープ。甘みとまろやかさが贅沢な味わい!ぜひ、完熟した桃を使いましょう!ももは甘い香りが強くなって、おしりのピンク色が濃くなってきたら食べ頃です。

レシピ:シニア野菜ソムリエ 久保ゆりか

ももの選び方

 表面の産毛がキレイに生えていて、キズがないもの。
もものくぼんだお尻部分は、最初は青く、これが熟すことによって、色づいていくため、白くなって熟しているものを選びましょう!
ももの形は、ほぼ左右対称でふっくらとして形の良いもの。
ももを上から見たとき、真ん中の割れ目を中心に、横に楕円形の形をしているものが良品!

ももの保存方法

 未熟な場合は、常温で保存し、追熟させる。熟し、香りが出てきたら冷蔵し、早めに食べきりましょう!

◆ももの旬◆

 7月~9月頃


【 もものパワー 】疲労回復に!

 ももの主成分は果糖で、フルクトースとも呼ばれ、砂糖の1.5倍甘味を感じる単糖類です。
 体内で代謝の過程を経ずにエネルギーとなる為、 疲労回復/には即効性があります。
 また、ももにはペクチンなど食物繊維も沢山含まれています。水溶性食物繊維は整腸作用があるので、便秘予防にも効果的です。そして、便秘から起こる肌荒れの解消にも効果が期待できます。

【もものコンポートを作ろう!】

もものコンポート

 ももはコンポートにすると日持ちするのでオススメです。そのまま食べるのはもちろん、ヨーグルトに入れたり、タルトやムースなどスイーツのトッピングにもどうぞ!!

材料
  • もも 3個
  • 砂糖 80g
  • ○白ワイン 大さじ2
  • ○レモン汁 大さじ1
作り方
  1. ももは中心を包丁で一周切り込みを入れる。ももをやさしくねじり、種を外す。
  2. 鍋に砂糖と水400㏄を入れ、沸騰したらもも、○を加え、弱火にして約10分煮る。そのまま粗熱をとり、皮を取り除き、冷蔵庫で冷やしていただく。
【ももの皮をつるんと剥く裏技!!】
材料
  • もも 1個
  • 鍋、たっぷりのお湯と氷水
作り方
  1. ももの中心に十字に切り込みを入れ、鍋にももがつかるくらいのお湯を沸かす。ももをそっとお玉でお湯の中に入れ、約10秒たったら、たっぷりの氷水で冷やす。
  2. ももを芯からよく冷まし、皮をそっとむきましょう!
  • 郷土料理レシピ
  • アキバ博士の食農教室
  • JA博多ごはんうどん ご注文
  • JA直売所まっぷ