食べる:JAソムリエ通信

JAソムリエ通信

かぼちゃ

果肉が甘く、ホクホク食感のかぼちゃは栄養価も高く、スイーツでも人気です!!

かぼちゃレシピ

かぼちゃのハチミツみそ煮

かぼちゃのハチミツみそ煮

かぼちゃ ……… 300g
牛乳 ……… 150㏄
ハチミツ ……… 大さじ1+1/2
みそ ……… 大さじ1/2
すりごま ……… 大さじ1
作り方
  1. かぼちゃは食べやすい大きさに5~6等分に切る。
  2. 鍋に牛乳を入れて、ふつふつしてきたら火を弱め、ハチミツを加えて落し蓋をし、コトコト煮込む。
  3. かぼちゃがやわらかくなったら、みそを溶き入れて汁けがなくなるまで煮詰め、すりごまを加えて器に盛り付ける。
ハチミツみそは、コク・旨味、まろやかさを出してくれるのでオススメです。香り付けの「すりごま」を最初に入れると焦げてしまうので、仕上げに加えましょう!

レシピ:シニア野菜ソムリエ 久保ゆりか

かぼちゃの選び方

 ヘタが黄色く、枯れているものを選ぶ。縦に溝が入っているものはよく熟れていて食べごろ。

かぼちゃの保存方法

 丸ごとならば、冷暗所にて保存。カットしたら、ワタと種を取り、ラップをして冷蔵庫で保存。

◆かぼちゃの旬◆

 7月~12月頃
 収穫は夏。貯蔵で甘みが増すので冬まで可。


【 かぼちゃのパワー 】美肌づくりに!!

 かぼちゃのオレンジ色はβカロテンの色で粘膜や皮膚を丈夫にするため、風邪の予防や美肌づくりに効果が期待できます。
 βカロテンは抗酸化作用もあり、ビタミンCとともにがん予防にも良いと言われています。かぼちゃのビタミンCは熱にも強いので、効率よく摂取できます。
 タンパク質と一緒に摂取すると免疫力アップに!

【坊ちゃんカボチャのグラタン】

 甘味があり、ほくほく品種の小さなかぼちゃ「坊ちゃんかぼちゃ」
 かぼちゃを丸ごと使用すれば、食べられる器になります。
 ハロウィンメニューに使用してみませんか!?
 「坊ちゃんかぼちゃのチーズグラタン」

坊ちゃんカボチャのグラタン
材料:2人分
  • 坊ちゃんかぼちゃ 2個
  • カマンベールチーズ(又はとろけるチーズ) 50g
  • 〇トマトピューレ 100g
  • 〇玉ねぎのみじん切り 大さじ2
  • 〇塩・胡椒 少々
作り方
  1. 坊ちゃんかぼちゃは、水を通し、丸ごとラップに包み、電子レンジ500Wで約4分加熱する。
  2. 上部のフタになる部分をカットし、種、ワタを取り除く。
  3. かぼちゃの中に〇を詰めて、カットしたカマンベールチーズをのせて、オーブン又はトースターでチーズの焼き色がつくまで焼く。

【かぼちゃ調理のコツ!】

 油との相性がよく、βカロテンの吸収率が高まるので、炒め物、揚げ物がオススメ!かぼちゃの皮は果肉の部分以上に栄養価が高いので、皮ごと食べるようにしましょう!
 皮が硬い場合は、適度に皮を残して調理すると良いでしょう。

  • 郷土料理レシピ
  • アキバ博士の食農教室
  • JA博多ごはんうどん ご注文
  • JA直売所まっぷ