食べる:JAソムリエ通信

JAソムリエ通信

ピーマン

豊富なビタミンが体を丈夫に。夏バテ予防にも効果的!

ピーマンレシピ

キムチ入りチャプチェ

キムチ入りチャプチェ

しっかりと味が浸みて、ご飯にも合うおかずです!ピーマンはカラーピーマンを使うと色鮮やかに仕上がります

豚肉 ……… 80g
醤油・酒各 ……… 少々
ピーマン ……… 2個
人参 ……… 1/2本
生姜 ……… 10g
キムチ ……… 80g
春雨 ……… 40g
A 醤油 ……… 大さじ1
オイスターソース ……… 大さじ1/2
砂糖 ……… 小さじ1
作り方
  1. 豚肉は食べやすく切り、醤油、酒に漬け込む。ピーマンは細切り、人参、生姜は千切りする。
  2. 春雨に熱湯を入れて戻し、水気をきる。
  3. フライパンに生姜とごま油(分量外)を入れて火にかけ、香りが出てきたら豚肉を炒める。続けて、人参、ピーマン、キムチ、(2)の順に炒め、Aを絡める。

レシピ:野菜ソムリエ上級プロ 久保ゆりか

ピーマンの選び方

ヘタの切り口がみずみずしく、黒ずんでいない。ヘタや皮にハリがあり、緑が濃くて光沢があるもの。肉厚で弾力のあるもの。

ピーマンの保存方法

ポリ袋に入れて野菜室にて保存。
切ったものは種とワタを取り除き、ラップに包んで冷蔵保存。切ったら早めに使い切りましょう。

ピーマンの旬

6月~9月

【 ピーマンパワー 】美肌づくりに効果的!

 緑黄色野菜のピーマンは、βカロテン、ビタミンCが豊富です。βカロテンは肌や粘膜の健康を保つ働きを持ち、風邪予防や肌荒れの解消に役立ちます。

 ビタミンCは美肌づくりが得意な栄養素。細胞と細胞をつなげるコラーゲンを生成します。その他、抗酸化作用がある為、免疫力を高め、風邪予防にも役立ちます。また食欲増進効果、夏バテ予防にも効果が期待できます。

【ピーマンの調理法】

 ピーマンはビタミンCが豊富ですが、本来、水溶性のビタミンCは、空気や加熱に弱いのが特徴です。

 しかし、ピーマンは果肉が厚いため、加熱によるビタミンCの損失があまりありません。

 その為、「炒める」、「揚げる」と言った加熱調理にむいています。

 また、ピーマンは脂溶性のβカロテンやビタミンEも豊富で、これらの成分は、油とあわせると吸収率が高まります。

 栄養素を効率的に摂取するポイントは、組み合わせる食材の栄養素が損失しないよう、ピーマンを千切り、小さめに切るなどして、火通りやすい下処理がオススメです!

【カラダによく効く食べ合わせ!】

ピーマン+牛肉=ストレス緩和に期待

ピーマン+ カラーピーマン=動脈硬化予防に期待

  • 郷土料理レシピ
  • アキバ博士の食農教室
  • JA博多ごはんうどん ご注文
  • JA直売所まっぷ