食べる:JAソムリエ通信

JAソムリエ通信

オクラ

ぬめりパワーが夏バテ予防に効果的!!

オクラレシピ

オクラの梅茶漬け

オクラの梅茶漬け

夏場、暑くて食欲がない時でもさらっといただけます。宮崎の名物料理「冷や汁」のように、冷たいだし汁をかけてもOK!

オクラ ……… 10本
……… 適量
かつおだし汁 ……… 200cc
めんつゆ
(3倍希釈)
……… 小さじ2
梅干し ……… 1個
貝割れ ……… 少々
ごはん ……… 軽めの2杯

<材料:2人分>

作り方
  1. オクラは塩をまぶして板ずりし、熱湯でさっと茹で、冷水にとる。
  2. (1)を小口切り、梅干しの果肉を包丁で叩く
  3. オクラにだし汁、めんつゆを合わせ、ごはんの上にかけ、梅干しや貝割れを添える

レシピ:野菜ソムリエ上級プロ 久保ゆりか

オクラの選び方

表皮は緑色が濃く、切り口が新鮮なもの。うぶ毛が全体にキレイに覆っているもの。
角が茶色いものは育ちすぎか鮮度が良くないので避ける。

オクラの保存方法

ポリ袋に入れて野菜室にて保存。
※乾燥と低温に弱いので注意!

オクラの旬

7月~9月

【オクラパワー】腸美人に!

オクラ特有のねばねばのもとは、ガラクタンやペクチンなど。これらの食物繊維は胃腸の働きを整え、血糖値の上昇を抑えるのに役立ちます。

ねばねば成分のムチンは、消化器の粘膜を守り、たんぱく質の消化吸収を助ける働きがあります。

さっと茹でて刻むとオクラのねばねば成分がさらに出てきます。

オクラの調理のポイント

納豆や山芋のねばねば成分は主にたんぱく質によるもので、加熱すると弱まってしまう傾向がありますが、オクラは、たんぱく質だけでなくガラクタン、ペクチンといった水溶性食物繊維によるもの。多少の加熱では変化せず、加熱によってたくさん細胞からねばねば成分が出てくるのが特徴です。

オクラソース

オクラの種を取り除き、包丁でたたいたり、フードプロセッサーにかけてペーストにしたものに麺つゆ、塩胡椒で味を調えてソースを作る。

冷奴にかけたり、魚料理のソース、ざるうどん、ざるそばのトッピングや麺つゆにお試しください。

【カラダによく効く食べ合わせ!】

オクラ+牛肉=ストレス緩和に期待

  • 郷土料理レシピ
  • アキバ博士の食農教室
  • JA博多ごはんうどん ご注文
  • JA直売所まっぷ