食べる:JAソムリエ通信

JAソムリエ通信

タケノコ

タケノコは春が旬!
フレッシュのものは季節限定品。季節の恵みを味わいましょう。

タケノコレシピ

タケノコと豚肉のガーリックソテー

タケノコと豚肉のガーリックソテー

タケノコ ……… 150g
豚ロース肉 ……… 100g
にんにく ……… 2片
醤油 ……… 小さじ1
塩・胡椒 ……… 各少々
オリーブ油、パセリ、ピンクペッパー ……… 各少々

<材料:2人分>

作り方
  1. タケノコは食べやすい大きさ、豚肉は一口大にし、塩・胡椒を振る。にんにくは薄切り
  2. フライパンにオリーブ油とにんにくを入れて弱火にかけ、にんにくがカリカリになったら一度取り出す。
  3. 豚肉を入れてこんがり焼き、タケノコを加えて炒め合わせる。醤油、塩・胡椒で味を調え、器に盛りつける。あれば刻みパセリ、ピンクペッパーを振る。
タケノコとにんにくは相性ばっちり!
香りもよく、ヘルシーなおつまみにもなるレシピ!
オススメです。

レシピ:野菜ソムリエ上級プロ 久保ゆりか

タケノコの選び方

 皮に適度な湿りと光沢があり、ずんぐりとして重く太いもの。切り口はみずみずしく、根元の赤い斑点が薄いものが良品。

タケノコの保存方法

 米ヌカやとぎ汁と一緒に茹でて、茹で汁ごと密閉容器に入れて冷蔵。ときどき水替えをすると5日程、日持ちする。

旬の時期

 4〜5月

【タケノコパワー】お腹すっきり効果!

 春の味覚として楽しみたい野菜。ビタミンB・C、カリウムを含みます。カリウムは余分なナトリウムの排泄を促すことから、血圧を下げる働きがあります。
 また、食物繊維が豊富に含まれている為、便秘の改善や腸の健康を保つ効果、コレステロールの吸収を抑える効果が期待できます。たけのこに含まれるチロシンは脳を活性化し、やる気をアップさせる効果もあります。

【タケノコの茹で方】

 タケノコは皮を剥き、先端を少し落とす。
 鍋にタケノコ、米ヌカ、タカノツメ、かぶるくらいの水を入れ、落とし蓋をして火にかける。(米ヌカがない場合は米のとぎ汁で代用)
 沸騰したら火を中弱火にし、コトコトと茹でる。
 鮮度や大きさにもよりますが、タケノコは1時間〜茹でる。
 ※米ヌカに含まれるカルシウムがアクに作用してエグミを取る。
 タカノツメは殺菌効果、エグミを緩和する効果がある。

【カラダによく効く食べ合わせ!】

タケノコ(カリウム・食物繊維)+豚肉(ビタミンB1)=疲労回復 コレステロールを下げる働き

  • 郷土料理レシピ
  • アキバ博士の食農教室
  • JA博多ごはんうどん ご注文
  • JA直売所まっぷ