食べる:JAソムリエ通信

JAソムリエ通信

すもも

すももは、甘酸っぱい旬の味と香りが人気です。

すももレシピ

すももビネガーウォーター

すももビネガーウォーター

すもも ……… 1個
パイナップル ……… 80g
リンゴ酢(A) ……… 大さじ3〜4
ハチミツ(A) ……… 大さじ2
ミント ……… 適宜(お好みで)

<材料:2人分>

作り方
  1. すももはくし形、パイナップルはイチョウ切りする。
  2. Aに水を注いで混ぜながら溶かし(1)を入れて3時間以上冷蔵庫に寝かせる。
濃い目のビネガーウォーターを作り、炭酸水で割っても美味しくいただけます。夏バテ予防、疲労回復ドリンクとしてオススメです。

レシピ:野菜ソムリエ上級プロ 久保ゆりか

すももの選び方

 すももの果皮は濃い赤色、ソルダムの果皮はわずかに薄紫色がかったものがベスト。
 全体的に丸くて弾力があるもの。表面の皮に新鮮な果実の証である白い粉がついているもの。

すももの保存方法

 完熟前のすももは常温保存。完熟したものは冷蔵庫保存。

【 すももパワー 】疲労回復効果!

 すももはペクチンなどの食物繊維が多く含まれています。
 水溶性食物繊維は整腸作用がある為、便秘予防に効果が期待できます。また、果肉に含まれている酸味はリンゴ酸が中心。
 その他、クエン酸なども含み、疲労回復効果が期待できます。
 すももにはカリウムも含まれており、ナトリウムを排泄する役割があり、高血圧予防にも効果があると言われています。

【すももについて】

 ももに比べて酸味が強く、実がしっかりしている。夏の果物として人気が高く、季節的な需要は安定している。
 品種は大きく分けて、「日本すもも」とプルーンに代表される「西洋すもも」のふたつ。
 ももより酸っぱいことから「すもも」と名付けられたが、植物学的には、ももよりも杏に近い。
 果皮は赤、黄、緑など品種によって異なる。

【すももの品種】

 大石早生・・・ジューシーな果肉、爽やかな甘酸っぱさが人気。
 ソルダム・・・すももでは珍しい緑色の果皮と濃赤色の果肉。甘味と酸味がバランスよく調和している。
 太陽・・・大果で果皮は濃い赤紫色、果肉は乳白色。独特の風味。
 サンタローザ・・・香り高い。大玉サイズ。
 貴陽・・・大果、桃のように大きく、高い糖度を持つ。

  • 郷土料理レシピ
  • アキバ博士の食農教室
  • JA博多ごはんうどん ご注文
  • JA直売所まっぷ