食べる:JAソムリエ通信

JAソムリエ通信

ナス

ナスに豊富なカリウムを摂取する事で、熱中症対策に!!

ナスレシピ

豚肉とナスの生姜焼き

豚肉とナスの生姜焼き

豚肉 ……… 薄切り4枚
ナス ……… 1本
生姜 ……… 40g
塩・米粉(薄力粉) ……… 各少々
サラダ油 ……… 少々
醤油・ハチミツ・酒(A) ……… 各大さじ1
おろし生姜(A) ……… 少々

<材料:2人分>

作り方
  1. ナスは縦に約5mm厚さにスライスし、塩をふり、しばらくおいて、水気を軽くしぼる。豚肉は塩を振り、生姜は千切りする。
  2. ナスを縦に広げ、その上に豚肉、生姜をのせて手前からくるくると巻き、全体に軽く米粉を振る。
  3. フライパンに油を熱し、(2)の巻き終わりを下にして入れ、両面こんがり焼き、Aを絡める。
お肉の旨味をナスが吸ってくれる為、ジューシーです!お弁当のおかずにもオススメ!

レシピ:野菜ソムリエ上級プロ 久保ゆりか

ナスの選び方

 ヘタの切り口がみずみずしく、トゲがチクチクと元気なもの。表皮の紫色が濃く、つややかなもの。

ナスの保存方法

 風通しの良い冷暗所。冷蔵する場合は、新聞紙に包み、ポリ袋に入れて野菜室で保存。
 冷やしすぎると冷蔵障害にあうので注意!

【ナスパワー】夏バテ防止に!

 ナスの濃紫色の表皮にはポリフェノールの一種、アントシアニン系の色素成分「ナスニン」が含まれています。ナスニンは強い抗酸化作用があり、がんや生活習慣病のもとになる活性酸素を抑える働きがあると言われています。ナスは身体を冷やす働きがありますが、体の熱をとり除き、夏バテ予防にも効果が期待できる野菜です。
 また90%以上が水分で、カリウムも豊富です。

【ナス豆知識】

 果肉の白い部分は油をよく吸う為、植物油を使った炒め物、揚げ物はオススメ!植物油の持つリノール酸やビタミンEの摂取に役立つ。
 ナスの切り口の変色を防ぐには、水にさらしてアク抜きする方法がある。ただし、ナスの注目成分「ナスニン」は水に溶けやすいため、調理の直前に切り、水にさらさない方が成分を有効に活用できる。
 皮にはナスニンという色素成分が含まれている為、皮もまるごと食べるのが良い。

【カラダによく効く食べ合わせ!】

ナス(カリウム)+豚肉(たんぱく質)=高血圧予防・熱中症対策

  • 郷土料理レシピ
  • アキバ博士の食農教室
  • JA博多ごはんうどん ご注文
  • JA直売所まっぷ