食べる:JAソムリエ通信

JAソムリエ通信

カリフラワー

寒い冬にこそ、食べたい。ほどよい甘味が人気の野菜!

福岡カリフラワーレシピ

カリフラワーとカブのカルパッチョ

カリフラワーとカブのカルパッチョ

カリフラワー ……… 120g
玉ねぎ ……… 1/2個
にんにく ……… 1片
ベーコン ……… 30g
オリーブオイル ……… 大さじ1
牛乳 ……… 250㏄
……… 小さじ1/2
胡椒・パセリ ……… 各少々
A:薄力粉 ……… 小さじ1
A:カレー粉 ……… 小さじ2~3
B:固形スープの素 ……… 1/2個
B:水 ……… 100㏄

<材料:2人分>

作り方
  1. カリフラワーは小房に分け、玉ねぎは1㎝角、にんにくはみじん切り、ベーコンは1㎝幅に切る。
  2. 鍋にオリーブオイルとにんにくを入れて火にかけ、玉ねぎとベーコンを加えて炒める。
  3. Aを入れて炒め、Bを加えて煮込む。
  4. 具材に火が通ったら牛乳、塩、胡椒で味を調える。器に盛り付け、パセリを飾る。
カリフラワーのやさしい甘味と食感がカレーの風味とマッチしています。スパイス効果で身体も温まります!

レシピ:野菜ソムリエ上級プロ 久保ゆりか

【 カリフラワーパワー 】カラダ強化!

 リフラワーは加熱しても失われにくいビタミンCが豊富に含まれている事が特徴です。ビタミンCはウイルスに対する抵抗力をつけ、病気にかかりにくい丈夫なカラダづくりに役立ちます。また、細胞をつなぐ役割のあるコラーゲンの形成に関わる為、美肌づくりにも優れています。
 食物繊維も豊富で腸内に溜まった老廃物を排泄し、カラダの内側からキレイにする効果が期待できます。

【カリフラワーの豆知識!】

 白色のカリフラワーが一般的ですが、様々な品種があります。
 オレンジ色の「オレンジブーケ」、紫色の「パープルフラワー」
 スティック状の「カリフローレ」イタリア伝統品種「ロマネスコ」

 エネルギー 27kcal/可食部100g中
 ビタミンC 81㎎・食物繊維2.9g

 低カロリー、低糖質のヘルシーフード。
 話題の『カリフラワーライス』とは?
 ダイエットをしている人が、ごはん代わりに食べるという目的で、人気をよびました。
 作り方は、カリフラワーを細かくカット(フードプロセッサー利用するのがオススメ)して炒め、シンプルに塩で味を調えたもの。

*カリフラワーの選び方*

 つぼみは中央がこんもりとしていて、固くしまっているものが良い。切り口がみずみずしいものを選びましょう。

*カリフラワーの保存方法*

 ラップ又はポリ袋に入れて野菜室にて保存。または小房に切り、かためにさっと茹でる。保存袋に入れて密閉し、冷蔵又は冷凍保存可能。

【カラダによく効く食べ合わせ!】

カリフラワー(ビタミンC) + ブロッコリー(タンパク質・カロテン) =抗酸化力・免疫力アップ

  • 郷土料理レシピ
  • アキバ博士の食農教室
  • JA博多ごはんうどん ご注文
  • JA直売所まっぷ