食べる|食べちゃってん 地産地消のお店

JA北九「身近な野菜でプロの味-トラットリア ジラソーレ「ひまわり」(岡垣町)」

料理と人柄、イケメンぶりでファンが多いオーナーの原田さん
料理と人柄、イケメンぶりでファンが多いオーナーの原田さん

 国道495号と県道が交わる芹田交差点そば、黄色いヒマワリを連想する外壁が目印のトラットリア ジラソーレ「ひまわり」。オープンして4年、大きな窓から光が入る明るく親しみやすい店内は、いつも来店者でにぎわっている。「地元岡垣の農家が、大事に育てた旬の身近な食材を一工夫している。家庭では再現できない味に驚いてほしい」とオーナーの原田良平さん(34)。

 この店の、旬の食材に応じて変わるさまざまな料理やデザート、手作りのドレッシングなどこだわりに魅了されたリピーター(再来顧客)も多い。大人気のランチは前菜、スープ、自家製のパン、10種から選べる特製パスタに季節のデザート盛り合わせ。女性男性問わずファンが多く、予約が欠かせない。

 「この店の料理がきっかけで苦手だった野菜を好きになった」「いつ来てもメニューにわくわくする」「デザートも充実しているので満足感がある」と口コミでファンが増えて遠方から足を運ぶ人も多い。

 生産者と連携した「畑の中の料理教室」で講師を務め、生産現場と調理し食べるまでの"食のリレー"を伝える原田さんは「素材の良さを引き出した料理で子どもたちにもっと野菜を好きになってほしい」と話す。(北九)

お店情報

名称:
トラットリア ジラソーレ「ひまわり」
場所:
遠賀郡岡垣町大字内浦136の1
営業時間:
午前11時~午後3時30分(オーダーストップ午後2時30分)、午後5時30分~9時30分(オーダーストップ8時30分)
定休日:
毎週火曜日(祝日は営業)
問い合わせ:
電話 093(647)6775