食べる|食べちゃってん 地産地消のお店

JAたがわ「食事味わい豊かな時間を-果樹園のレストラン「ラピュタファーム」(川崎町)」

国内産の小麦粉を使い、自家製パンや焼き菓子を作る杉本さん
国内産の小麦粉を使い、自家製パンや焼き菓子を作る杉本さん

 【たがわ】豊かな自然に囲まれた大地「大ケ原」に、地元農産物と、手作りにこだわった料理をバイキング形式で提供しているレストラン「ラピュタファーム」がある。メニューは月替わりで、デザートを含めて約60品。

 経営する杉本利雄さん(46)は、川崎町大ケ原で26歳で就農。果樹園では、梨1ヘクタール、ブドウ1・5ヘクタールを栽培している。15年前に観光果樹園への転換を機に、果樹園レストランを始めた。

 料理全てが手作りで、使っている野菜や果実のほとんどが自家栽培と地元産。ミネラルを含んだ「喜界島のざらめ」や「無添加の菜種油」など、体に優しい調味料を使う。さらに自家製のパンやピザ、焼き菓子などに使う小麦も全て国内産。

 また、家庭でも野菜料理を楽しんでもらおうと、開店当初からレシピを公開している。

 杉本さんは「平日でも多くの客が来店、祝祭日にはその倍の客が店に足を運ぶ。飲食業の経験もなく始めたレストランは失敗の連続。その失敗と反省の積み重ねが今の姿。食事を味わながら豊かな時間を過ごしてもらいたい」と話す。

お店情報

名称:
果樹園のレストラン「ラピュタファーム」
場所:
福岡県川崎町大ケ原
定休日:
月曜日・祝祭日の翌日
問い合わせ:
(電)0947(47)4000

▽バイキング料理:幼児(2歳以上)550円、小学生980円、中学生以上1480円、70歳以上1380円