食べる|食べちゃってん 地産地消のお店

JAふくおか嘉穂「こだわり料理の老舗-ステーキバンバン牛舎」(飯塚市)


 飯塚市口原(旧頴田町)にある「ステーキバンバン牛舎」。創業34年目を迎え、ステーキハウスでは飯塚市内でも1、2を争う老舗だ。

 「筑豊地域からのお客さまは当然ながら、県内から足を運んでいただいています」と、話すのは総支配人の大沼修二さん。レトロ風な店内は、何とも言えない落ち着きを醸し出している。

 メニュー表には、ハンバーグやステーキがずらり並ぶ中に「筑豊産野菜」の文字が目立つ。

 以前は青果店が配達する食材を使っていたが、直接見て購入したいと2年ほど前からJAふくおか嘉穂農産物直売所「ふれあい市」で直接仕入れるようになったという。週1、2回の仕入れでは、トマトやキュウリ、オクラ、ズッキーニなどを調達する。

 「地元食材を使うことで、お客さまからよく声を掛けていただけます」と総料理長の岡田達也さんとシェフの松田広さんは口をそろえる。その他にもパイ生地ではなく、パン生地を使った牛舎名物「とうきび畑のパン包みスープ」は、生地をパン店から直接仕入れ、注文後にパンを焼くというこだわり。

 そんなこだわりが詰まったお店「ステーキバンバン牛舎」に一度足を運んでみてはいかがだろうか。(ふくおか嘉穂)




お店情報

名称:
ステーキバンバン牛舎
場所:
飯塚市口原1020の1
営業時間:
午前11時~午後9時30分(オーダーストップ)
定休日:
不定休
駐車場:
あり
問い合わせ:
電話 09496(2)6855