食べる|食べちゃってん 地産地消のお店

JA福岡市「しゃりに相性 地場の米-寿司割烹 市六(福岡市)」

新メニューの華御膳(2500円のもの)
新メニューの華御膳(2500円のもの)

 JR今宿駅のすぐそばに店を構える「寿司割烹 市六」。1966年創業、地元の憩いの場として親しまれ、すし、日本料理を中心に玄界灘の旬の味覚を提供している。

 自慢は、ここでしか味わえないオリジナルの創作ずし(1貫210円~)。マンゴーとキングサーモン、ヒラメの土佐酢ジュレなど、見た目と味を同時に楽しめるすしを取りそろえる。

 しゃりに使う米は福岡市早良区内野・脇山産の「ヒノヒカリ」。「米の味が凝縮されていて、ほどよい粘りがある。すし酢との絡みが良いんです」と大将の西原丈記さん。

 ねたとなる魚介類や野菜も地元産のものにこだわる。魚は市場で仕入れるほか、西ノ浦漁港のなじみの漁師さんからいけす買いすることもあり、新鮮さは折り紙つきだ。

 お勧めは新メニューの華御膳(2500円、3000円、要予約)。創作ずし、刺し身、温野菜(バーニャカウダ)など、きらきらとした彩りの料理が並ぶ。少しずついろいろな種類を楽しみたい女性客にうれしいメニューだ。

 店の2階には3、4人で利用できる個室や30人の宴会対応の座敷も完備。くつろいだ雰囲気で、地元の自然の恵みを存分に味わえる。(福岡市)

お店情報

名称:
「寿司割烹 市六」
場所:
福岡市西区今宿1丁目1の31
営業時間:
午前11時~午後2時、午後5時~10時
定休日:
木曜日
問い合わせ:
(電)0120(300)364