食べる|食べちゃってん 地産地消のお店

JA糸島「良質"だし"にこだわり-田舎ばあちゃんのしいたけ寿司(糸島市)」

弁当作りを一人で切り盛りする有田さん 
弁当作りを一人で切り盛りする有田さん

 「田舎ばあちゃんのしいたけ寿司(ずし)」のラベルで「ちらし寿司」や「かしわめし」「ちりめんめし」「黒米弁当」「栗おこわ」「山菜おこわ」を加工・販売している。

 有田五津美さんが一人で切り盛りし、JA糸島産直市場伊都菜彩やAコープ前原駅南に出荷しており、弁当が傷みにくい寒い時期だけ、JA糸島アグリにも出荷する。

 もともとは酪農を営んでいたが、2005年に廃業し弁当などを作り始めた。妹が「志摩の朝市」に弁当などを出荷しているのを見て、自分も作りたくなったのがきっかけと言う。

 料理が好きで、夫や近所の方に味見をしてもらい、自分で味付けを研究した。子どもも高齢者も食べられる家庭料理をモットーに、あまり油は使わずヘルシーな物を中心に作っている。

 料理のだしは、昔からの作り方にこだわり、良質の昆布やいりこで、だしを取る。だしを取った後はつくだ煮にするなど、無駄を出さないよう心掛けている。

 野菜などは自分の畑で取れた物を中心に、足りない分は伊都菜彩などから仕入れ、米は土地を貸している生産者の米を使い、雷山・怡土の米が中心だ。
旬に多く取れる山菜や栗、タケノコなどは冷凍や塩漬けにして、年間を通じて食材にするなど工夫を凝らしている。

 あまり大量にはできないが、注文に応じて弁当を作ることもあるそうだ。年配者からの注文が多いという。地元の食材がたっぷり味わえる弁当だけに人気があるのも納得だ。(糸島)

お店情報

名称:
屋号なし「田舎ばあちゃんのしいたけ寿司」
場所:
糸島市有田485
定休日:
不定期
問い合わせ:
電話 092(322)2167

※JA糸島産直市場伊都菜彩、Aコープ前原駅南、JA糸島アグリ(季節限定)だけで販売。
自宅での販売はしていない。