食べる|食べちゃってん 地産地消のお店

JA糸島「研さん積み技術磨く─パン工房つばさ」(糸島市)」

出来立てのパンが並ぶ店内と山上さん
出来立てのパンが並ぶ店内と山上さん

 潮の香りのする糸島市志摩の岐志漁港。焼きがきでにぎわう小屋の近くに小さな手作りパンの店「パン工房つばさ」がある。

 店は山上翼さん(25)と母親の2人で切り盛りしている。パンは翼さんが一人で作り、母親は販売を手伝っている。

 翼さんはもともと料理が好きで、糸島農業高等学校の授業でパンやジャム作りに触れ、友人に贈って喜ばれたことが原点と話す。専門学校やパン店、菓子店で約5年間修業を積んで独立し、2年前に店を開いた。

 材料は糸島産にこだわり、小麦粉や調理パンに使う野菜などは、JA糸島産直市場伊都菜彩や知り合いの農家から購入する。

 「野菜の購入で知り合った農家が、また別の農家を紹介してくれる。人と人とのつながりを大切にし、人の輪を広げ、その輪を回すことで地域が潤うような関係を築いていきたい」と抱負を語る。

 人気商品は糸島の牛乳を使ったクリームパンや食パン。食パンは地域の朝食として人気があり、姫島から買いに来る人もいる。

 糸島市内の企業や福祉施設への出張販売などで知名度もだんだん上がり、地元の保育園からの注文もあるという。伊都菜彩にも出荷しており「食べてんしゃい広場」にも出品する。

 心掛けているのは「パン作りの技術向上ももちろんだが、人柄も含め、この人のパンを食べたいと思われる人になりたい」と日々努力を重ねている。(糸島)

お店情報

名称:
パン工房つばさ
場所:
糸島市志摩岐志712の1
営業時間:
午前8時~午後6時(売り切れ次第終了)
定休日:
月曜日
問い合わせ:
電話 092(328)2705