食べる|食べちゃってん 地産地消のお店

JA筑紫「一龍‐「黒油」にファンとりこ(春日市)」

右から店主の高田祥裕さん、高田龍三さん、田中將仁さん
右から店主の高田祥裕さん、高田龍三さん、田中將仁さん

 「ラーメン」戦国時代の昨今。県道31号沿いに、ラーメン通も足を運ぶ人気店がある。

 店主の高田祥裕さんは、8年ほど前に「一龍」をオープン。「九州ラーメン総選挙」で3年連続上位入賞するなど、幾多のラーメンファンをとりこにする。

 一番人気は、においの残らない黒焦がしニンニク油を浮かべた「黒とんこつ」(550円)だ。高田さんが、同じ道を志す兄から受け継いだ「黒油」は、今や「一龍」の代名詞になっている。

 店で使う厳選素材の中には、地元春日市で農業歴約50年の父・龍三さんこだわりの米や野菜も含む。ラーメンと共に、自慢の地場産の味を広めている。

 研究熱心な高田さんは、食べ歩きにも積極的に出掛ける。1日に5、6軒回ることもあるほどだ。高田さんは「味はもちろん、ラーメンがどんな表情で出てくるのか、ファーストコンタクトが楽しみ。今後も地元に愛され、お客さまに喜ばれる店づくりをしたい」と笑顔で話した。

(筑紫)

お店情報

名称:
「一龍」(いちりゅう)
場所:
春日市岡本1の5
営業時間:
平日午前11時30分〜午後3時、土曜日午前11時30分〜午後4時
定休日:
日曜日・祝日
問い合わせ:
(電)092(591)5501