食べる|食べちゃってん 地産地消のお店

JAくるめ「40年間も変わらない味-知久留ラーメン(久留米市)」

「焼き飯定食」を運ぶ岸田さん
「焼き飯定食」を運ぶ岸田さん

 久留米と言えば、久留米ラーメン。そう言っても過言ではないほどに、ラーメンが地域文化に染み付いている久留米市。

 合川町に店舗を構える「知久留ラーメン」は、創業以来40年以上続いている、文字通りの「老舗」だ。

 昭和の雰囲気が漂う店内。「ラーメン」(380円)をはじめ、メニュー全てが低価格で味わえる。2代目店主の岸田安治さん(62)は「価格の安さは『子どもが久留米ラーメンを味わえる店でありたい』という、先代から続く店の伝統。時代は変わっても、伝統を変えるつもりはありません」と話す。

 看板メニューは、ラーメンに焼き飯がついた「焼き飯定食」(600円)。米は、食味に定評のある久留米産米「ヒノヒカリ」を使用。刻んだタマネギ、ニンジン、ネギなどとともに愛用の鉄板で、強火で手早く調理するのがこつだ。米本来の程よい粘りが残る絶妙の食感に、癖のない豚骨ラーメンがよく合う。40年間変わらない昔懐かしい味に、連日多くのリピーター(再来訪者)が訪れる。

 店名の「知久留」には、多くの人に久留米を知ってもらい、長くこの店を利用してほしいという先代の願いが込められている。岸田さんは「子どものころから来ている常連さんが、今度は自分の子どもを連れてくる。調理場から見ていて、何よりうれしい光景です」と笑顔で話す。(くるめ)

お店情報

名称:
「知久留ラーメン」
場所:
久留米市合川町2166の1
営業時間:
午前11時~午後10時
定休日:
毎週火曜日
問い合わせ:
(電)0942(35)8492