食べる|食べちゃってん 地産地消のお店

JAみい「南仏の家庭料理を堪能-ハーブレストラン エルブ・ド・プロヴァンス(久留米市)」

さまざまなハーブを味わえるランチ
さまざまなハーブを味わえるランチ

 自家菜園のハーブをふんだんに使った、南フランスプロヴァンス地方の家庭料理を提供する久留米市の「ハーブレストラン エルブ・ド・プロヴァンス」。

 「妻の遺志を引き継いでこれからもお店を続けていく」と話したのは店主の久保田雅弘さん(66)。

 優しいハーブの香りと心地よい音楽が流れる店内で食べるランチには、自家製ハーブ入りのトマトソースがたっぷりかかったイタリアンハンバーグや、ハーブをふんだんに使って焼き上げたポーク香草パン粉焼きをメーンディッシュに、ルッコラ・グリーンマスタード・赤茎ホウレンソウのサラダ、野菜たっぷりのスープ、ハーブバターパン、デザートにはカモミールが入ったシフォンケーキにハーブティーがセットになっている。

 お冷やには、グレープフルーツミントを使っているというこだわりようだ。

 現在、店のホームページを開設中だという久保田さんは「これまで食べに来てくれたお客さんがインターネットでコメントを残してくれているんだよ。本当にうれしいよね! ホームページを見てもっと多くの方にお店を知ってもらいたいな」とホームページを見せてくれた。

 今から約27年前、妻が甲状腺の病気を患ったことを機にハーブと出合い、「健康にはハーブが有効」という妻の思いの下、夫妻でハーブの研究を始めた。年間約40種のハーブの栽培をし、1999年2月に今の店をオープンさせた。昨年7月に妻を亡くし、現在は女性スタッフと2人で運営している。(みい)

お店情報

名称:
「ハーブレストラン エルブ・ド・プロヴァンス」
場所:
久留米市北野町石崎240の12
営業時間:
ランチ午前11時~午後2時30分(ラストオーダー)、ディナー午後3時30分~8時(ラストオーダー)
定休日:
毎週水曜日
問い合わせ:
(電)0942(78)2667