食べる|食べちゃってん 地産地消のお店

JA筑前あさくら「養鶏家運営する菓子店-たまごランド(筑前市)」

厳選素材で「本物の味」にこだわった「たまごランド」
厳選素材で「本物の味」にこだわった「たまごランド」

 国道500号沿い、筑前町の原地蔵交差点を同町方面に約80メートル。「たまごらんど」は養鶏場を営む卵の専門家が運営する手作り菓子の店だ。厳選した素材で「本物の味」にこだわり抜いたスイーツを販売する。

 店内にはロールケーキやプリン、シュークリームの他、ブッセやドーナツなどの焼き菓子が常時30~40種類並ぶ。

 卵は、新鮮なものを毎日農場から直送。「生でおいしい」にこだわった卵は「甘くておいしい」と店頭販売でも好評。ここで作るお菓子は「濃厚な卵本来の味」が楽しめる魅惑の逸品だ。養鶏農家ならでは奇跡のスイーツに魅せられたファンは数え切れない。

 店長の福田里美さん(40)は「本当のおいしさ」を追求し、「シンプルな材料だからこそ、素材が命」と、卵以外の素材も厳選。添加物などの余分なものは一切使わない。また、イチジクやイチゴなど旬の果実を使った季節限定商品には「素材はなるべく身近なものを」と、地場産を積極的に取り入れる。

 お薦めは「筑前黒みつロール」(1本1300円)。同町産100%の小麦粉「筑前 麦太郎」を使ったしっとりとした生地に、特産黒大豆「クロダマル」のきな粉クリームを巻いた、地場産ケーキだ。

 「専門店にしかできないものをこれからも作り続けたい」と福田さん。6月からはブルーベリーを使った新作スイーツも登場している。(筑前あさくら)

お店情報

名称:
たまごらんど
場所:
筑前町山隈1447の4
営業時間:
午前11時~午後7時30分
問い合わせ:
(電)0946(21)3911