食べる|食べちゃってん 地産地消のお店

JA筑前あさくら「パン酵母からこだわる─ベイカーズサイン」(筑前町)」

「地域のパン屋さんとして愛され続けたい」と話す千種さん
「地域のパン屋さんとして愛され続けたい」と話す千種さん

 JA筑前あさくら管内、筑前町野町の田園風景の中にたたずむ北欧風のおしゃれな一軒家「ベイカーズサイン」。ドアを入ると、焼きたてのパンの香ばしい匂いに包まれる。

 オーナーの千種晶子さん(48)が、筑後平野産の小麦粉「ミナミノカオリ」や同町産100%の小麦を使った中薄力粉「筑前 麦太郎」をベースに、地元の旬の野菜や果実で天然酵母パンを販売している。

 常時、約60種類のパンが店頭に並ぶ。「安全で安心できるおいしいパンを作ろうと試作を重ねた結果、たどり着いたのが地元産だった。野菜も生産者から直接取り寄せています」と千種さん。

 例えば、同町産のアスパラガスをベーコンで巻きホワイトソースを絡めたフランスパンは、その名も「野町のアスパラ」。この他、地元産の新鮮な野菜をはさんだ「季節のサンド」、「博多万能ねぎ」とめんたいこを組み合わせた「ネギめんたいロール」、秋月の赤鶏「古処鶏」のミンチと旬の野菜をじっくりと煮込んだ「焼きカレーパン」など。いずれも地産地消にこだわった逸品だ。

 地域の人に愛され続けて7年。千種さんは「まちのパン屋さんとして、多くの人に愛されるパンを作り続けたい」と張り切っている。(筑前あさくら)


お店情報

名称:
ベイカーズサイン
場所:
筑前町野町1649の1
問い合わせ:
電話 0946(24)1477