食べる|食べちゃってん 地産地消のお店

JAにじ「特産果実を使い菓子─あけぼの河童菓庵」(うきは市)

左から「巨峰」とかんきつの果汁入りゼリー「果樹だより」、桃の果肉入りようかん「ひなもも」、柿「富有」を練りあげたようかん「柿太郎」
左から「巨峰」とかんきつの果汁入りゼリー「果樹だより」、桃の果肉入りようかん「ひなもも」、柿「富有」を練りあげたようかん「柿太郎」

 うきは市吉井町の210号沿い、白壁土蔵の町並みにたたずむ和菓子の店「あけぼの河童菓庵」。素材を吟味した伝統的な和菓子作りの一方で、地元の特産を取り入れた創作菓子にも力を入れる。

 フルーツ王国ともいわれる豊富な果実の産地、うきは。県内最多の出荷量を持つ甘柿を使ったようかん「柿太郎」は、JAにじに出荷された柿「富有」を使い、手作業でじっくりと練り上げた。「巨峰」やかんきつ類を使ったゼリー「果樹だより」は、ジューシーな果汁の味わいと、程よい食感が特徴だ。

 夏の始まりとともに出回る桃を使ったのが、淡いピンク色が美しいようかん「ひなもも」。白桃の果肉をふんだんに練り込み、優しい桃の風味が蒸し暑さを増す季節にもぴったり。形や包装にもとことんこだわり、柿の実に似せた「柿太郎」を竹籠に入れた手土産用は海外向けにも人気だ。

 この他、うきは市恒例の「筑後吉井おひなさまめぐり」に合わせた地場産イチゴを使った「ひないちご」など、季節限定商品も多彩に販売する。店内では店主が全国から集めた河童(かっぱ)をはじめ、四季折々の風物や置物を展示。イートインスペースもあり、茶と和菓子を味わいながら展示を楽しめる。(にじ)


お店情報

名称:
あけぼの河童菓庵
場所:
うきは市吉井町1171の2
営業時間:
午前8時~午後8時
定休日:
第2・4水曜日
問い合わせ:
電話 094(75)2739
※一部商品をJAにじ「にじの耳納の里」でも販売