アキバ博士の食農教室「食の知恵と文化」

収穫まで「桃栗三年柿八年」?

収穫まで「桃栗三年柿八年」?

結実早める技あるよ

 梅雨だね。外で遊べないから、みんなには、ちょっとつまらない季節かな。でも、もうすぐ桃の季節! 甘くてみずみずしい桃は夏にぴったりだね。「桃栗三年 柿八年」っていう言葉を知っているかな?

 「桃栗三年 柿八年」というのは、種をまいて実がなるまで桃や栗は3年、柿は8年かかるっていう意味なんだけれど、本当かな? 実際に桃の種をまいてみると、実がなるまでに約3年、栗も約3年かかるんだ。柿は約6、7年だから、ことわざは大体、合っているってことになるね。

 あ、ちょっと待って。みんなが食べた桃や栗、柿の種をまいても、それと同じおいしい実がなるとは限らないんだ。人間の親子でも、まったく同じ顔や性格にならないのと同じだね。

 ところで、店で売っている果実は、たくさんの木の中から特別おいしい実のなる「品種」を選んだものだよ。桃の「白桃(はくとう)」「白鳳(はくほう)」とか、柿の「富有(ふゆう)」「次郎(じろう)」などというのを、聞いたことがあるかもしれないね。

 こういう品種は、挿し木や接ぎ木でしか増やせないんだ。挿し木は切った枝から根を出させる方法で、接ぎ木は枝を、ほかの木に接ぎ足して成長させる方法だよ。こうすると、1本の木から同じ性質を持った木をたくさん増やせるんだ。それに、柿やリンゴのように、実がなるまでに長い年月が必要なものは、挿し木や接ぎ木で増やしたほうが、早く実がなるんだ。

 ところで、「桃栗三年 柿八年」には続きがあるって知っているかな? 「梅は酸(す)い酸(す)い十三年」とか、「柚子(ゆず)は九年の花盛り」、「枇杷(びわ)は九年でなりかねる」など、地域によっていろいろな種類があるよ。でも、こちらは必ずしも事実ではないんだ。実際は梅も柚子も枇杷も、もっと早く実をつけるよ。

 江戸時代の本には「桃栗三年 柿八年 人の命は五十年 夢の浮世に ささので遊べ」(『評判記・役者評判蚰蜒(げじげじ)』、1674年)という歌が載っているよ。「ささので」は「酒を飲んで」の意味。昔の人はどんな気持ちでこの歌を詠んだんだろう。桃も栗も柿も、昔から日本人に親しまれていたことは確かだね。

(取材協力=農研機構・果樹研究所、奈良県農業総合センター、放送作家わぐりたかしさん)

アキバ博士の食農教室
学ぶ
  • 郷土料理レシピ
  • アキバ博士の食農教室
  • JA直売所まっぷ