アキバ博士の「健康」

チョコ食べ過ぎると鼻血が出るの?

チョコ食べ過ぎると鼻血が出るの?

栄養バランスが大事

 きょうはバレンタインデーだよね。男の子は、女の子からチョコレートをもらえたかな?

 チョコレートをたくさん食べ過ぎると、鼻血が出ると、よく言われているけれど、ほんとうかな? 実はチョコレートを食べて、鼻血が出るという話は、医学的には根拠がないんだ。

 なぜ、こんなふうにいわれるようになったかについては、いくつかの説があるよ。

 まずは、チョコレートの食べ過ぎを防ぐため、という説だよ。つまり、甘くておいしいチョコレートを、おなかいっぱい、食べ過ぎてしまいそうな人に、注意するために「鼻血が出るぞ」と、言って脅かしたんだ。

 チョコレートの主な原料は、カカオ豆を砕いて、どろどろになるまで練ったカカオマスとココアパウダー、牛乳、砂糖だよ。たくさんの脂肪分や糖分が含まれているよ。チョコレートを食べ過ぎると、体の中で行き場を失ったエネルギーが、鼻血となって放出されると、考えられていた時もあったんだ。

 また、昔は、チョコレートは高級な食べ物で、子どもたちはもちろん、大人でも、なかなか味わうことができなかったんだ。一人のお母さんが、自分の子どもに高価なチョコレートを、あまりたくさん食べさせないように、少しずつ大事に食べさせようとして「鼻血が出る」と言った、という説もあるんだよ。

 中には、チョコレートを食べていて、実際に鼻血が出たという人もいるよ。けれど、チョコレートに限らず、好きな食べ物ばかり食べていると、栄養のバランスが崩れて、体の調子を悪くしてしまう。その結果、鼻血が出たと考えられるよ。栄養のバランスが崩れ、体調が急に変化したことなどが原因で、チョコレートが直接の原因ではないんだ。

 いつも好き嫌いをせず、規則正しい食生活を心掛けることが大切だよ。きょうは特に、チョコレートを食べ過ぎて、ご飯が食べられないということがないように気を付けようね。

                                         

(取材協力=日本チョコレート・ココア協会)