チャレンジ! 家庭菜園

チャレンジ! 家庭菜園

冬の間にしっかりと土づくりを

チャレンジ! 家庭菜園 イラスト「土づくり」 家庭菜園の多くは面積的にそう広くなく、そこに多種類の野菜を高い頻度で作づけする場合が多いので、畑の土は計画的に栽培される野菜畑に比べると相当過酷な使われ方をしていると見ていいでしょう。「地力」すなわち土地の生産力は大変消耗しやすいのです。
  この地力を常に補い、増強し、野菜作りに適した性質に改良してやることが必要です。

 野菜作りに適した土は(1)水はけが良く、適度の空気を含んでいること(2)水持ち(保水力)があること(3)土の酸度(pH)が適正であること(4)病原菌や害虫がいないこと(5)肥料分に富むこと――などです。(5)の施肥に頼るところは別ですが、(1)~(4)は適切な耕起(畑起こし)と良質な堆肥(たいひ)の施用によって達成できるのです。

 畑起こしは冬が最適です。それは、越冬野菜やトンネル栽培物を除けば、この時期の家庭菜園は冬休みで空き地が多く、耕せる面積割合が広いからです。それに加えて、掘り起こした土を厳しい寒気にさらすことによって風化させ、病原菌や害虫、雑草などの密度を下げることができるのです。

 耕す方法としては、畑全面に石灰または苦土石灰を、通常は土が7~8割がた見えなくなる程度(1平方m当たり50gぐらい)均一にまいてから、20~30cmの深さを、鍬(くわ)またはシャベルで耕します。石灰の量は、野菜の種類によって育ちの悪いものがある場合には、土のpHを調べて加減する必要があります。

 耕した後は、土の表面の凹凸をそのままにして寒気や雨風にさらし、風化を促すようにしましょう。

 一方、冬の間を利用して、落ち葉、枯れ草、稲わらなどを積み上げて良質な堆肥をできるだけたくさんつくるように心掛けます。そして、春になったらこれを畑全面にまき、もう一度耕し、堆肥を土に混入しておきます。

 このような土づくりを心掛けていくと、土壌は次第に団粒構造となり、空気や水を適度に含み、余分な水は排水されるため、野菜の根は健全に育ち、良品多収のしっかりした基礎固めができます。

板木技術士事務所 板木利隆
(JA広報通信12月号から転載)