チャレンジ! 家庭菜園

チャレンジ! 家庭菜園

夏野菜の生育を守るべた掛け資材

レタス、きゅうり施肥のポイント 新鮮な軟弱野菜が出回りにくくなる夏こそ、家庭菜園で手作りしたいものです。しかし強光と高温、それにアブラムシ、コナガなど厄介な害虫にやられやすく、上手に育てることは大変難しいものです。

 これらの害から野菜を守るには、軽くて使いやすい「べた掛け資材」がおすすめです。

 この資材は、正式には「長繊維不織布」、「割繊維不織布」と呼ばれ、プラスチックを毛髪よりも細かい繊維にして、熱で融着し、絡ませています。極薄のため1平方m当たりの重さは15~20gしかなく、透けて見える軽い資材です。

 そのため、軟弱な作物の上に直接掛けても、何ら支障なく育ちます。網目は不規則ですが、小さいため虫を通さない優れものです。直接掛けて使うので「べた掛け」という名で呼ばれています。

 光線透過率は75~90%(製品によって異なる)なので、強光を和らげ、覆いの下はやや温度が下がります。また、掛け通しにしておいても軟弱に育ち過ぎる心配もないという特色があります。価格が比較的安く、耐久性があるため、冬の防寒用に使えるのも魅力です。

 今からまくものとしては、小松菜、ホウレンソウ、チンゲンサイ、水菜などがあります。

 図のようにべた掛け、浮き掛けなどの被覆方法があるので、野菜の性状や畝の作り方などを考えて、合理的な方法を取り入れましょう。そして周辺から虫が入らないよう、すき間なくきっちりと覆い、風で飛ばされないように針金や市販の専用留め具で固定しておくことが大切です。

 豆やトウモロコシなどの鳥害回避に、種まき後から発芽がそろうまでべた掛けするのも有効です。

 

板木技術士事務所 板木利隆
(JA広報通信6月号から転載)