「食農教育」って何?作物を育て、調理して食べるところまでをつなげて体験し、食を支えている農業の役割を学んでもらいます。

「食農教育」って何?

食育は聞いたあるけど、「食農教育」って何?

 種をまき、作物を育てて、収穫して大切にいただく。単に地元の農作物を食べるだけではなく、育てることから農業を知ってもらい、子どもたちに感謝の心を学んでもらおうという取り組みです。

食農教育の取り組み

学校給食での取り組み

  • 地場産農産物を供給して、新鮮で安全な旬の野菜を 子どもたちに食べてもらう。
  • 生産者を給食の時間へ招待するなどの交流を実施し、 郷土愛を爾んでもらう。

フードマイレージ

  • 学校農園を使った稲作・野菜作りを体験することで、食の大切さについて考えてもらう。
  • JAグルーブが主催する農業体験教室を通して、食を支える農の役割を学んでもらう。
    地域で親子料理教室などを開催し、調理することそして、最終的に食べるところまでを体感し一貫した食農体験をしてもらう。

地域を拠点とした「食農教育」

アグリキッズスクール
子どもたちが自らの手で米や野菜の種をまくことから、食べるまでの農業体験を実施しています。アイスクリーム作り、巨峰・梨狩り、味噌作りなど、より地域の農業や貪に関心を持ってもらえるイペントでその魅力を伝ています。

地域を拠点とした「食農教育」

学校を拠点とした「食農教育」

うきは市立 姫治(ひめはる)小学校
学校の近所の畑に、子どもたちがタネや苗を植え、収穫した食材が給食のメニューに 並びます。近所の方々からも頻繁に差し入れがあり、新鮮で安全な食を普段の生活の 中で自然に体験しています。給食の食べ残 しゼロという事実が、子どもたちに食の大切さが伝わっている証といえるがもしません。

学校を拠点とした「食農教育」