学ぶ:ぐるり直売所 大学生記者が行く!

新風吹かせ規模拡大─JA直鞍 石田 大輔さん

規模拡大に向けて意欲的な石田さん
規模拡大に向けて意欲的な石田さん

 「ひとり立ちしてこの1、2年は、ひたすらがむしゃらでした。右も左も分からないまま始めて、ここまで来た」。そう淡々と語るのは石田大輔さん(29)。きりりとした顔つきと、後ろで一つ縛りにした黒髪が印象的だ。そんな石田さんがJA直鞍管内で手掛けるのはイチゴの王様「あまおう」だ。

 もともとは東京で働いていたが、イチゴ農家へと転身したきっかけは4年前にある。サラリーマンが向いているのか自問自答をする日々の中で、祖父の畑を継ぐ話が巡ってきた。幼いころは農業を生業とすることを拒否していたが、大人になって思うことがあった。

 「大学生のとき、気まぐれでじいちゃんの手伝いをしたんです。きつい作業でへこたれている自分の横で、80歳のじいちゃんは文句ひとつ言わず淡々と作業していて、それが心の琴線に触れたのだと思う」と話す。

 仕事を継いだものの、祖父の時代とは20年近く作業などが異なり、後ろ盾のない石田さんの苦労は絶えなかった。

 試行錯誤を続けて4年目、JA管内の先輩のイチゴ農家から頑張りを認められるまでに成長した。

 これからの目標はさらに規模を広げ、若手ならではの新たな風を吹かせることだという。新進気鋭の、石田さんのこれからが楽しみだ。

 

大学生記者 福岡大学・竹下奈都子
大学生記者 福岡大学・竹下奈都子