学ぶ:ぐるり直売所 大学生記者が行く!

新鮮エノキタケ届ける─JA福岡市 城戸辰太郎さん

おいしいエノキタケ作りに意欲的な城戸さん
おいしいエノキタケ作りに意欲的な城戸さん

 今回取材したのは、福岡市博多区でエノキタケを生産している城戸辰太郎さん(32)。

 町中に突如現れる体育館のような大きな建物が、親子3代に渡って守り継がれているエノキタケ農園だ。こだわりは、成長段階に合わせて適切な温度と湿度を保つこと。そうすることで常に食感の良い物を、生産量を保って提供することができるという。

 より良い農業を続けるためには地域との交流も欠かせない。地域の人には、通りがかりに農業に関するアドバイスをもらうことが多くあるそうだ。

 また、近辺のエノキタケ農家と協力して、パッケージ工場を設立。そうすることで、効率よく包装することができるようになり、より新鮮な状態で消費者のもとへ届けられるようになった。

 そんな城戸さんのこだわりは、地産地消。エノキタケは鮮度によって歯応えが驚くほど違う。多くの人に本当においしいエノキタケを食べてほしい。そのために、地元の人に少しでも新鮮な物を届けられるよう流通手段を整えること。

 そして福岡を訪れる旅行客に「博多のエノキタケは本当においしいよね」と、福岡に来る際の一つの目当てにしてもらえるようPRすることが今後の目標だそうだ。

 

大学生記者 中村学園大学・大塚遥奈
大学生記者 九州大学・丸山千里