学ぶ:ぐるり直売所 大学生記者が行く!

おいしい物届けたい 宗像市 竹松有樹さん

「地域に支えられて農業が継続できた」と話す竹松さん
「地域に支えられて農業が継続できた」と話す竹松さん

 今回取材したのは、宗像市でアスパラガスを栽培する竹松有樹さん(41)。宗像市へ新規参入して5年目だ。きっかけは、東京で飲食店起業を計画する中、生産者との交流から素材に興味を持ち始め、食の原点の農産物の生産に取り組もうと思ったこと。福岡へ戻り、糸島での新規就農研修期間を経て宗像市内で農業を始めた。「5年間続けてこられたのは地域の助けがあったからこそ」と語る。

 13アールのハウスでアスパラガスを、露地で季節ごとにニンジン、ゴボウ、ケールなどを栽培している。こだわりは「味」。生協への出荷が主で、消費者からの声がダイレクトに伝わる分「おいしい物を届けたい」という思いが強い。おいしさを引き出すために肥料や水の管理が欠かせず、収穫量を抑えてでも味を重視するという徹底ぶりだ。

 そんな竹松さんにとっての農業は「生活」。仕事ではあるが生活の一部であり、楽しみでもある。「ものづくりをやめたいとは思わない」と生き生きと話す姿が印象的だ。夢はしっかりと農業を営むこと、そして地域振興に関わり宗像を広く知ってもらうこと。

 そのまなざしからは農業や宗像に対する熱い思いが伝わってきた。宗像の美しい自然の中で育まれた野菜、一度手に取ってほしい。

 

大学生記者 中村学園大学 大塚遥奈
大学生記者 中村学園大学 大塚遥奈