学ぶ:ぐるり直売所 大学生記者が行く!

シュンギク安定供給 久留米市 内野寿則さん

こだわりのシュンギク作りに意欲的な内野さん
こだわりのシュンギク作りに意欲的な内野さん

 今回取材したのは久留米市北野町でシュンギクを栽培している内野寿則さん(27)。先祖代々農家で、父親の代から30年以上栽培している。約3000坪の圃場(ほじょう)では、シュンギクの他にホウレンソウや小松菜も栽培している。

 「消費者がおいしいと言ってくれる農産物を栽培したい」と語る内野さんのこだわりは、土づくりにある。化学肥料をできるだけ使わず有機質肥料を使い、こだわりの野菜作りを心掛けている。また、野菜が傷まないように水の管理は毎日怠ることができない。

 内野さんにとって農業を漢字2文字で表すと「勉強」。毎年管理の仕方が違うので、そのたびに勉強になる。

 また、北野町4Hクラブを通じ、園児への食育活動に参加し、子どもたちに農業について興味を深めてもらう活動にも積極的だ。

 「今後はシュンギクの栽培面積を増やし、安定供給することで消費者の需要を上げていきたい」と強い意気込みを語ってくれた。

 お薦めの食べ方は生でサラダにすること。実際に食べたが、葉がとても柔らかくシュンギク独特の香りが新鮮なまま楽しめる。鍋というイメージがきっと変わるだろう。サラダ、おひたしなどさまざまな食べ方が広がるシュンギク。ぜひ新しい食べ方を試してほしい。

 

大学生記者 福岡女子大学 久保奈美
大学生記者 福岡女子大学 久保奈美