学ぶ:ぐるり直売所 大学生記者が行く!

愛情かけ醍醐味満喫 福岡市 堺 勇樹さん

丁寧な作業を積み重ねることがおいしさへつながる
丁寧な作業を積み重ねることがおいしさへつながる

 今回取材したのは福岡市東区三苫でイチゴを栽培している堺勇樹さん(29)。曽祖父からイチゴを栽培しており、小さいころから農家になることを決めていた。堺さんは、東海大学農学部卒業後、JA福岡市東部に2年間所属し、親の要望をきっかけに実家を継いだ。就農して4年目を迎え、約14アールの面積を両親と3人で営んでいる。

 新しい野菜作りに積極的に挑戦する堺さんは、「あまおう」を中心に栽培しているが、他にも「紅ほっぺ」やカリフラワーの一種「ロマネスコ」、ミニトマトの「シシリアンルージュ」などを直売所で販売している。「紅ほっぺ」は、味も形も程よく消費者に人気で、個別に注文を受けることもある。産直も行い、直接消費者の声を聞くことができるのが利点であり、やる気につながると言う。

 こだわりは「一つ一つの時期を逃さないこと、基本の作業をしっかりやること」と話す堺さんのイチゴハウスは、しっかり手入れがなされ、全ての葉がきれいだった。愛情のかけ方次第で結果が変わってくるのが農業の醍醐味(だいごみ)だ。

 そんな堺さんにとって農業とは「人生」。生活するための財源としてはもちろん、職業として自分に合っているし楽しくないと続かないと優しい笑顔で語る。将来は規模を広げ、少量多品種の野菜作りを目指す。そう語る堺さんのまなざしは、農業に対する熱意が感じられた。

 

大学生記者 中村学園大学 江崎翠
大学生記者 中村学園大学 江崎翠