学ぶ:ぐるり直売所 大学生記者が行く!

土づくりで野菜元気 JAくるめ農産物直売所「食JAN市場」 丸山マサヱさん

出荷者同士の交流が楽しみな丸山さん
出荷者同士の交流が楽しみな丸山さん

 明るくほのぼのとした店内に、彩り豊かな野菜や加工品が並ぶJAくるめ農産物直売所「食JAN市場」。今回取材したのは、久留米市の「食JAN市場」に野菜や手作り漬物を出荷している丸山マサヱさん(78)。

 養鶏を営んでいたが、10年前から本格的に野菜作りを始めた。年間を通してキュウリ、オクラ、ナスなど20種類以上の野菜を出荷している。こだわりは、鶏ふんを使った土づくりだ。「土づくりに勝るものはない」と丸山さんは言う。鶏ふんを入れて土をつくるおかげか、お客さんに「丸山さんの野菜は元気がよか」と言われるほど。農薬もほとんど使わず、安全・安心な野菜作りに力を入れる。

 漬物も出荷し、高菜の浅漬けは指名が来るほどの人気商品だ。おいしさの秘訣(ひけつ)は徹底した塩加減。漬物の量に応じて塩を加え、一定の塩分濃度にし、いつでも同じ味に仕上げている。

 手作りの唐辛子やコショウ、こだわりの塩もおいしさのポイントだ。早速、頂いたキュウリの漬物をご飯と一緒に食べてみた。食感も良く、ちょうどいい塩加減に、箸が止まらなかった。

 JAくるめ農産物直売所生産者連絡協議会の役員も務める丸山さん。忙しい日々の中の楽しみは、出荷者との交流だ。出荷者同士の情報交換も直売所ならでは。丸山さんの明るい人柄とこだわりの野菜と漬物は、食JAN市場の大きな魅力となっている。

 

大学生記者 福岡女子大学 大宅梨香さん
大学生記者 福岡女子大学 大宅梨香