学ぶ:ぐるり直売所 大学生記者が行く!

赤い果菜でジャム3種 ― ふれ愛の里(JA柳川)

お茶目な「赤ジャム三姉妹」
お茶目な「赤ジャム三姉妹」

 「料理としての活躍も」ふれ愛の里。水郷の里柳川で育った新鮮な野菜や果物でいっぱいの直売所だ。

 直売所スタッフの元気あふれる「いらっしゃいませ」の声に迎えられ、目に飛び込んできたのは、真っ赤なイチゴ、つややかなトマトなど色彩鮮やかな果菜たち。そのまま生で食べるのはもちろん、加工品もお薦めだ。

 特に一押しなのが、柳川の「赤ジャム三姉妹」。大人の雰囲気、長女の「いちじくちゃん」。甘えん坊次女の「あまおうちゃん」。やんちゃ娘で三女の「とまとちゃん」。とてもユニークにキャラクター設定がしてある。ジャムの製造者であるJA柳川・女性グループの皆さんのお茶目さがしっかり伝わってくる。

 このジャムのこだわりは、無添加・無着色で保存料不使用。まさにその素材の甘味と味を保っている。値段は、「いちじく」が700円、「あまおう」「トマト」が500円と少々高い。その理由は、有明海に面した温暖な気候で育ち甘味を増した果菜たちを使用しているからだ。

 ジャムの瓶には、おいしいレシピも載っている。ヨーグルトやサラダに、とデザートとしてだけではなく料理にも大活躍ということだ。

 早速、パンに付けて食べてみた。どれも果肉がごろごろしていて、食感も楽しめる。今までパンに付けることしかしなかったが、ぜひ料理としても使ってみたい。箱入りなので、プレゼントやお土産用としても喜ばれるに違いない。

メモ

「ふれ愛の里」
「ふれ愛の里」は柳川市金納552の1にある。売り場面積は99.4平方メートル。2009年度の利用客数は10万人で販売高は8400万円。

大学生記者 福岡女子大学・井寺仁美さん
大学生記者 福岡女子大学・井寺仁美さん