学ぶ:ぐるり直売所 大学生記者が行く!

JAみなみ筑後 セロリ栽培 坂田真悟さん
管理徹底でおいしく


「おいしいセロリを多くの人に届けたい」と笑顔で話す坂田さん

 今回取材をしたのは、JAみなみ筑後でセロリ「コーネル」を栽培している坂田真悟さん(35)。20歳ごろから祖父の代から続くセロリ栽培に携わるようになった。

 坂田さんが栽培しているみやま市瀬高町は、全国第3位のセロリ出荷地域。日本人向けの匂いが控えめな甘味のあるセロリで有名だ。

 坂田さんはコンソメとの相性が抜群で、スープに入れる食べ方が1番という。現在は、父と弟2人の4人で栽培している。当初は、父からの助言を得ながら試行錯誤して栽培していたが、今では坂田さんがメインになった。

 品質管理を徹底し、安心して食べてもらいたいという強い思いが、毎日の働く原動力になっている。何が正解なのか分からない中で、自分で組み立て、どの栽培方法がいいのか試行錯誤しながら日々学ぶことが楽しくもあり、苦労する点でもあると話す。

 


大学生記者
日本赤十字九州国際看護大学 熊谷かんなさん