学ぶ:ぐるり直売所 大学生記者が行く!

JA直鞍キャベツ生産 幸田有生さん
試行錯誤楽しみ運営


「思いっきり遊びたいので、人一倍、頑張って働く」と豪快に笑う幸田さん

 今回取材したのは、JA直鞍でキャベツを生産・出荷する幸田有生さん(32)。父が兼業で農業をしていたこと、さらに農業で成功している先輩の姿を見たことがきっかけとなり、大学を卒業と同時に就農を決意した。

 キャベツ0.4ヘクタールの他、ブロッコリーなどの野菜を出荷している。キャベツは直売所での販売と、自身でも売り込みにいくなど、食べてもらうための工夫をしている。

 生産へのこだわりを聞くと「地産地消を促進して地元に貢献すること」と語った。就農して数年間は分からないことばかりで苦労したが、農業は自分で考えて運営するので試行錯誤が楽しいという。

 今後の目標としては「一層の規模の拡大と効率化、安定した農業経営」と話した。取材の間、終始笑顔で生き生きと話す幸田さんから、農業にやりがいを感じていることが伝わってきた。

 農業をビジネスとして捉え、オンとオフを切り替えて楽しむ幸田さんの視点から農業を見ることができ、これをロールモデル(模範)として示すことで、農業を志す人が増えるのではと感じた。

 


大学生記者
福岡女子大学 小笠原夏海さん