学ぶ:ぐるり直売所 大学生記者が行く!

アスパラガス 松藤 泰樹さん(40)
安全・安心モットーに


「安全・安心なアスパラガスを多くの人に届けたい」と笑顔で話す松藤さん

 今回取材したのは、JA柳川管内でアスパラガスを生産、出荷する松藤泰樹さん(40)。就農して今年で9年目になる。当時、アスパラガス部会の会長をしていた父親の友人から誘いを受け、脱サラして新規就農を決意した。

 アスパラガスのことはほとんど知らなかったが、知らなかったからこそ興味が湧き、就農への気持ちが強くなったそうだ。現在は父親と2人で、18・7アールのハウスを管理している。

 当初は金銭的に厳しく、アルバイトをしながら営んでいた。現在、10アール当たり収量は部会の中でもトップクラス。インターネットや部会員同士の情報交換からヒントを得ながら、日々試行錯誤しているという。

 「教科書や人から聞く情報は参考にするけれど、自分でやってみてどうだったかが最も大切」と話す。「今も、できるだけ農薬は使わないようにしているが、今後は、より農薬の量を抑えて栽培したり、有機農業に取り組んだりして、安全・安心なアスパラガスを作っていきたい」と意気込みを語った。

 


大学生記者
福岡女子大学 北茉優花さん