学ぶ:ぐるり直売所 大学生記者が行く!

JAみなみ筑後管内でミカン生産 宮本 篤さん(43)
木そのものを健康に


農業を通じて挑戦もしたいと考える宮本さん

 今回取材したのは、JAみなみ筑後管内でミカンを生産する宮本篤さん(43)。ミカンに加え、キウイフルーツ、スモモなどの果実類から米、麦なども生産している。

 5年前、自分でモノづくりをしたいとの思いからサラリーマンを辞め、就農を決意した。以来、両親、妻の4人で生産している。就農してからは以前より子どもと接する時間が増え、私生活も充実しているそうだ。

 ミカンは面積3ヘクタールでおよそ50トンを収穫。生産のこだわりは「ミカン園の土や木の樹形を長期的にしっかりとつくり、木そのものを健康体にすること」と語る。

 小さなミカン一つに愛情と努力がたくさん詰まっていると感じた。繁忙期には高校生や大学生を雇い、農業に興味を持ってもらうきっかけづくりを行っている。現在、引きこもりや不登校の子どもを招いての農作業体験を考えている最中だそうだ。

 将来的には「いろんな人が安全・安心して作業をすることができ、楽しく農業ができる土地にしたい」と語る。

 農業が社会の中で新たな役割を果たすことができる可能性を感じる。宮本さんの今後の取り組みがとても楽しみだ。

 


大学生記者
福岡女子大学 古賀秀美さん