学ぶ:ぐるり直売所 大学生記者が行く!

JA福岡大城管内でイチゴ 黒沼 清寿さん(38)
大木町の良さ伝える


「農業は楽しい」と笑顔で話す黒沼さん

 今回取材したのは、JA福岡大城管内でイチゴを生産する黒沼清寿さん(38)。今年産のアスパラガスを終え、これからの時期はイチゴ生産一本となる。道の駅「くるるん」の隣という好立地を生かした観光農園を主体に農業を営んでいる。

 黒沼さんは大学卒業後、塾講師をしていたが、自ら何かをやりたいという気持ちから就農を決意。農家ではなかったので新規就農するに当たり、やりがいや行政のバックアップが後押しになったという。

 生産量を左右する天候も前向きに捉え「とにかく好きな農業をやることは楽しい」と語る黒沼さんの目は輝いている。農薬を極力使用しない生産やサービスの質向上のため、見栄えや生産量より通路の幅を広くすることを重視。観光農園を営む黒沼さんのこだわりが見えた。

 「大木町のおかげで今がある。多くの方々に大木町の良さを伝え、地域に貢献していきたい」と語る。

 もうすぐイチゴ狩りの季節がやってくる。たくさんの人でにぎわう黒沼さんの農園に私も足を運びたい。

 


大学生記者
福岡女子大 尾崎美友さん