学ぶ:ぐるり直売所 大学生記者が行く!

JA糸島管内冬春トマト 今村 宏冶さん(32)
「おいしい」熱烈ファン


消費者からの「おいしかった」の声が何よりもうれしいと話す今村さん

 今回取材したのは、JA糸島に所属し、冬春トマトを生産している今村宏冶さん(32)。大学卒業後の就職活動中、自分が作ったものに付加価値を付けて販売することに興味があったという。相談する中で農業大学校へ入学し、研修を経て就農した。

 今村さんは、高糖度のトマトを有機質肥料中心の土耕栽培で生産する。「消費者の顔が見える」点に特化した販売方法で売るため、市内外問わずファンが多い。

 栽培を始めて6年目。土耕栽培は、その年の天候や木の状態によって適正な水分管理を強いられるため、頭を抱えているという。水分を吸い上げて糖度が上がらないものもあるため、選果も課題だ。毎年の土壌診断を欠かさず、肥料や養分の調整を心掛けているそうだ。

 販売方法にもこだわっており、消費者の声が聞ける直売所や飲食店などに限定して出荷する。時には厳しい意見もあるが、「おいしかった」「あなたのトマトのファンになった」などの声を頂けることが、栽培する最大の喜びだと語った。ある直売所では、トマトが店頭に並ぶまで待機している客がいる。そんなファンがいるおかげで、出荷量が足りないほどの注文が入ることが目立ってきたため、早期に規模拡大も視野に入れている。

 「一作一作を大事にし、毎年勉強しながら栽培する。将来、トマトの原産地や世界中のトマトを見て回りたい」と意気込みを語った。取材が終わると同時に、私も今村さんのトマトファンになっていた。

 


大学生記者
九州大学 笹津 敏靖さん