学ぶ:ぐるり直売所 大学生記者が行く!

安く、圧巻の品ぞろえ― 「伊都菜彩」(JA糸島)

糸島産の豊富で新鮮な商品と活況を見せる売り場
糸島産の豊富で新鮮な商品と活況を見せる売り場

 糸島の底力を見た。今回うかがったのは糸島市にあるJA糸島の「伊都菜彩」。直売所のイメージを一掃するような1000平方メートルを超える広大な売り場面積に、米や野菜や果物や花、肉そして魚など、圧倒されるほど多くの商品数をそろえる。この日は平日にもかかわらず、「安くて新鮮でおいしい。しかも何でもそろう」と買い物籠をいっぱいにした客でにぎわいを見せていた。年間でおよそ125万人も集客するというのも納得だ。

 「糸島産であること」が「伊都菜彩」の理念、と小金丸肇店長は語ってくれた。地場産の商品を提供するということは、直売所として当然かもしれない。だが、糸島産の商品をこれだけ広い売り場いっぱいに一年中豊富にそろえることができるのは「福岡市への食料供給基地という機能を担ってきた」糸島の背景があってこそだろう。

 「伊都菜彩」に出荷する生産者は年間を通して1000人を超える。糸島の食の豊かさとそれを支える生産者に、私は誇らしさを感じてしまった。

 「伊都菜彩」は楽しい。今が旬のかんきつ類を例に取れば、この日だけで12品種もの商品がどっさりと棚に積まれていた。「ネーブル」などおなじみのものから「津のかがやき」「晩白柚」など、そうお目にかかれないものも豊富にあった。選ぶ楽しみは、同様に野菜や肉、魚でもあるのだから、買い物がついつい進んでしまう。

 糸島の食の豊かさと楽しさを象徴する「伊都菜彩」。胃袋をおいしいもので満たしてくれる糸島の大地に、愛情を持たずにはいられなかった。

メモ

「伊都菜彩」
「伊都菜彩」は糸島市波多江567。前年度の売り上げは32.9億円で直売所としては全国1位。

大学生記者 九州大学大学院・西水良太さん
大学生記者 九州大学大学院・西水良太さん